報道発表資料

平成28年11月14日
地球環境
この記事を印刷

平成28年度CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業成果発表会の開催について

環境省では、CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業の成果について広く情報提供を行い、優れた技術を社会に普及させるため、この度、平成27年度に終了した事業の成果発表会を開催することとしましたのでお知らせします。

 1.発表会の趣旨

  環境省では、エネルギー起源二酸化炭素の削減の推進と地球温暖化対策の強化に貢献することを目的とした「CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業」において、民間企業、公的研究機関、大学等からの提案を公募し、優れた技術開発の提案であり、かつ確実な実施体制を有する事業を採択の上、実施しております。

  この度、平成27年度に終了した事業の成果のうち、特に優れたものについては広く情報提供を行うため、「平成28年度CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業成果発表会」を開催いたします。

2.会議内容

(1)日時
平成28年12月12日(月)14:00~16:50(開場13:30)

(2)場所
イイノホール&カンファレンスセンター Room B1~3
東京都千代田区内幸町2-1-1

  http://www.iino.co.jp/hall/access/

(3)発表内容(予定)
事業成果発表

 ・小型ソーラー水素ステーションと燃料電池車を組み合わせたCO2排出ゼロシステム開発

 (本田技研工業株式会社)

 ・都市部における中小規模建物の超低炭素化(ZEB化)に関する実証

 (大成建設株式会社)

 ・管水路用マイクロ水力発電の高効率化、低コスト化、パッケージ化に関する技術開発

 (ダイキン工業株式会社)

 ・バイオマス高比率混焼による石炭焚火力CO2排出原単位半減に向けた先進的システムの実証

 (株式会社IHI)

(4)傍聴について

  傍聴を御希望の方は電子メールで、[1]氏名、[2]勤務先、[3]電話番号、[4] E-mailアドレス を平成28年12月7日(水)12:00必着で、下記の宛先までお申し込み下さい。お申し込みの際は、E-mailのタイトルに「CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業成果発表会傍聴希望」と明記して下さい。

  なお、傍聴希望者が定員(100人)を超えた場合には、受付を締め切ることがありますので、お早めにお申し込み下さい。

 ※会場の都合により、取材を希望されるマスコミ関係の方についても、平成28年12月7日(水)12:00までに所属と氏名をE-mailにて御連絡ください。カメラ撮りを御希望の方は、その旨も併せて御連絡ください。カメラ撮りは会議の冒頭のみでお願いいたします。

 ※一般の方、マスコミ関係の方、いずれの場合も、お申し込みのない場合は、傍聴をお断りすることがあります。

<傍聴申込先>
一般社団法人国際環境研究協会
電話:03-5812-2105
E-mail:ontai-seika@airies.or.jp

連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課地球温暖化対策事業室
直通 03-5521-8339
代表 03-3581-3351
室長  :福島健彦(内線6771)
室長補佐:池本忠弘(内線6791)
担当  :岡野泰士(内線7726)

ページ先頭へ