報道発表資料

平成28年11月25日
大気環境
この記事を印刷

風力発電施設から発生する騒音等の評価手法に関する検討会報告書について

 「風力発電施設から発生する騒音等の評価手法に関する検討会」の報告書を取りまとめましたのでお知らせします。また、平成28年8月19日(金)から同年9月17日(土)までの間に実施した意見募集(パブリックコメント)の結果を併せて知らせします。

1.概要

 風力発電施設から発生する騒音等による生活環境への影響を未然に防止するため、風力発電施設の設置に当たっては、その影響をできる限り回避・低減するための適切な評価の実施が必要とされています。

 これを踏まえ、環境省では、平成25年度から水・大気環境局長委嘱による「風力発電施設から発生する騒音等の評価手法に関する検討会」を設置し、風力発電施設から発生する騒音等の調査、予測及び評価を適切に行うための手法について検討を行ってきました。

 今般、これまでの検討により明らかになったことを報告書として別添「風力発電施設から発生する騒音等への対応について」のとおり取りまとめました。

2.意見募集(パブリックコメント)の結果概要

(1)意見募集対象

風力発電施設から発生する騒音等の評価手法に関する検討会報告書(案)
「風力発電施設から発生する騒音等への対応について」

(2)意見募集期間

平成28年8月19日(金)~同年9月17日(土)

(3)意見募集の結果

・意見提出数 : 89通

・整理した意見総数:451件

・提出された意見の概要と意見に対する考え方:別添のとおり

添付資料

連絡先
環境省水・大気環境局大気生活環境室
直通 03-5521-8299
代表 03-3581-3351
室長:行木美弥(内線6540)
補佐:木村仁美(内線6542)
主査:出口裕也(内線6548)
担当:山﨑未来(内線6544)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ