報道発表資料

平成28年11月8日
水・土壌
この記事を印刷

「Water Styleサミット with CDP 2016ウォーター日本報告会」の開催について【第一報】

2016年12月5日(月)に、水循環基本法に基づく官民連携事業「ウォータープロジェクト」の一環として「Water Styleサミット with CDP 2016ウォーター日本報告会」を開催します。
環境省、CDP(国際NGO)、国連大学サステイナビリティ高等研究所の三者主催で、産官学のそれぞれの視点からの水への向き合い方(Water Style)を考えていきます。

1.Water Style サミットについて

環境省では、多くの企業や団体が取り組んでいる健全な水循環の維持または回復につながる活動を紹介し、水の大切さについて情報発信していくことを目的として、平成26年度に官民連携による「ウォータープロジェクト」を立ち上げました。

今回、本プロジェクトの一環として、身近な水環境の魅力や抱えている問題に気づき、それそれが主体的に活動する重要性について広く国民への理解を促進することを目的として、昨年度に引き続き「Water Styleサミット」を環境省、CDP、国連大学サステイナビリティ高等研究所の3者の主催で開催いたします。

本サミットでは、健全な水循環の維持・回復に向けた持続可能な取組について官公庁、企業、投資家、教育・研究機関のそれぞれの視点による水への向き合い方(Water Style)についてパネルディスカッションを実施いたします。

2.開催概要

日時 平成28年12月5日(月)13:00-17:00(開場12:30)
場所 国連大学(東京都渋谷区神宮前5-53-70)「ウ・タント国際会議場」
HP https://jp.unu.edu/

プログラム

12:30~

受付

13:00~13:15

主催者挨拶

13:15~13:35

CDPウォーター日本報告

 KPMGあずさサステイナビリティ 代表取締役 斎藤和彦氏

13:35~13:55

CDPウォーター 優良企業挨拶

13:55~14:35

CDPウォーター パネルディスカッション

14:50~16:00

講演

 国連大学サステイナビリティ高等研究所

 環境省ウォータープロジェクト参加団体

16:10~16:50

パネルディスカッション

 ファシリテーター:橋本淳司氏

 環境省・CDP・国連大学サステイナビリティ高等研究所ほか

16:50~16:55

閉会挨拶

 ※ご登壇者などの詳細は、第二報(11月中旬予定)でお知らせします。

3.申込先

お申込みは、下記URLリンク先より受け付けております。車椅子でご来場される方は、申込時にお知らせ下さい。

http://www.issei-eco.com/event/wps2016_entry.html

4.問い合わせ先

「Water Style」サミット 運営事務局 (株式会社一成内:担当・大山・迫田)
TEL:079-428-0682 FAX:079-428-2427  E-mail:wps2016@issei-eco.com

 ■主催 環境省、CDP、国連大学サステイナビリティ高等研究所

 ■協力 地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)

 ※参考

Water Projectとは...
環境省では、平成26年8月1日(水の日)に、「水循環基本法(同年7月施行)」に基づき、健全かつ持続可能な水循環の維持・回復を目的とした取組の促進等を推進する官民連携プロジェクト「ウォータープロジェクト」を発足させ、同年12月より本格的に始動しています。

HP https://water-project.env.go.jp/

添付資料

連絡先
環境省水・大気環境局水環境課
直通 03-5521-8312
代表 03-3581-3351
課長  :渡邊康正(内線6610)
課長補佐:末久正樹(内線6618)
係長  :池上清子(内線6624)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ