報道発表資料

平成28年8月19日
地球環境
この記事を印刷

佐賀市清掃工場「二酸化炭素分離回収設備」稼動式典について

平成28年8月26日(金)に、佐賀市清掃工場で二酸化炭素分離回収設備の稼動式典が開催されます。
この設備は、環境省の補助により佐賀市清掃工場の廃棄物発電施設に設置され、廃棄物焼却ガスからの二酸化炭素を回収するものです。回収された二酸化炭素は藻類の培養等に活用し、藻類から抽出した成分を化粧品、サプリメント等の材料として利用します。これは、廃棄物発電施設からの二酸化炭素回収・利用の可能性を実証する、日本初の取り組みです。

1.設備の概要

二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(二酸化炭素回収機能付き廃棄物発電検討事業)は、二酸化炭素回収機能を有する高付加価値な廃棄物発電の導入に向けて、廃棄物焼却排ガスからの二酸化炭素回収プロセスや採算性を検討することを目的としています。

本事業として、平成27年5月、佐賀市の提案を採択し、佐賀市は環境省の補助により設備の整備を進め、このたび稼動式典が開催されることとなりました。

この設備は、佐賀市清掃工場の廃棄物発電施設に設置され、廃棄物焼却ガスからの二酸化炭素を回収するものです。回収された二酸化炭素は藻類の培養等に活用し、藻類から抽出した成分を化粧品、サプリメント等の材料として利用します。これは、廃棄物発電施設からの二酸化炭素回収・利用の可能性を実証する、日本初の取り組みです。

2.稼動式典の概要

【日時】 平成28年8月26日(金)11:00~12:00

【場所】 佐賀市清掃工場(佐賀県佐賀市高木瀬町大字長瀬2369番地)

【主催】 佐賀市

【共催】 株式会社東芝

※ 受け入れ体制の都合により、式典へのご出席は、関係者及び報道関係者限りとさせていただきます。

※ 式典終了後、二酸化炭素分離回収設備及び回収した二酸化炭素の供給先である株式会社アルビータの藻類培養施設見学会を開催します。株式会社アルビータの施設見学は今回限りの予定です。

3.取材のお問い合わせ先

佐賀市環境部バイオマス産業都市推進課

担当 江島(電話 0952-30-2431)

添付資料

連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課地球温暖化対策事業室
直通 03-5521-8339
代表 03-3581-3351
室長  :福島健彦(内線6771)
室長補佐:池本忠弘(内線6791)
担当  :山田知典(内線6780)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ