報道発表資料

平成20年10月15日
地球環境
この記事を印刷

温室効果ガス観測技術衛星(GOSAT)の愛称について(お知らせ)

 この冬打ち上げ予定の、温室効果ガス観測技術衛星「GOSAT(ゴーサット)」の愛称が決まりました。あわせて、同衛星を報道関係の皆様に公開します。
 なお、GOSATプロジェクトは(独)宇宙航空研究開発機構、(独)国立環境研究所及び環境省の共同プロジェクトです。

衛星の愛称

愛称「いぶき」 英文表記「IBUKI」

選定理由

10,000件を超える愛称応募結果から、

「いぶき」は、有効応募総数の中で高い割合を占め、多くの支持を得た愛称である。
「地球の息づかい(息吹(いぶき))である二酸化炭素を観測する衛星」という意味合いをこめた提案理由が多くあり、GOSATのミッション内容を正確に表現している。
また、「いぶき」には、活気と明るい未来を感じさせる響きがある。

という理由から、(独)宇宙航空研究開発機構において選定しました。

衛星の報道関係への公開について

1.日時:
平成20年11月4日(火) 13時〜15時50分 (13時受付開始)
2.場所:
(独)宇宙航空研究開発機構 筑波宇宙センター
広報・情報棟 記者会見室及び総合環境試験棟
茨城県つくば市千現2丁目1番1
(筑波宇宙センターへの交通機関のご案内につきましては、添付資料1をご参照ください)
3.取材要領:
添付資料2をご参照ください。
なお、(独)宇宙航空研究開発機構が開発を進めている小型実証衛星1型(SDS-1)も、同時に公開する予定です。
4.取材の申し込み、問い合わせ先
(独)宇宙航空研究開発機構 筑波宇宙センター管理部 広報係
TEL:029−868−4280、5214
FAX:029−868−5966

添付資料

連絡先
環境省地球環境局総務課研究調査室
代表: 03-3581-3351
室長:小野 洋(内線6730)
補佐:只見 康信(内線6731)
担当:橋本 徹(内線6735)
(独)国立環境研究所
国環研GOSATプロジェクトオフィスマネージャ:渡辺 宏(029-850-2035)
企画部 広報・国際室:竹内 志乃(029-850-2309)
(独)宇宙航空研究開発機構広報部 報道グループ
報道グループ長:大嶋 龍男(03-6266-6413)
担当:萩原 明早香(03-6266-6414)

関連情報

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ