報道発表資料

平成28年8月8日
自然環境
この記事を印刷

平成28年度地域循環共生圏構築に向けた実証地域における活動団体の採択結果について

平成28年度地域循環共生圏構築に向けた実証地域における活動団体について公募を行ったところ、35件の応募があり、審査の結果10件を採択しましたのでお知らせします。

1.事業の概要

 本事業は、森里川海の適正な管理と活用を通じた地域循環共生圏の構築に向け、今回採択された活動団体と連携し「多様な主体によるプラットフォームづくり」、「自立のための経済的仕組みづくり」、「人材育成」の活動を実施するとともに、森里川海が生み出す恵みの経済的な評価を行ってその効果を検証し、「地域循環共生圏」の構築に向けた具体的な方策の検討を行うものです。

2.審査方法

 公募期間(平成28年6月2日(木)から平成28年6月30日(木))に応募のあった35件について、書面審査を実施し、外部有識者を含めた審査委員会にて以下の観点に基づき評価を行いました。

(1)地域の課題または活動実績が実証地域として適切であるか。

(2)地域の課題または活動実績を踏まえ地域循環共生圏の構築を目指したい理由が適切か。

(3)「地域循環共生圏」構築に向けた「多様な主体によるプラットフォームづくり」「自立のための経済的仕組みづくり」「人材育成」の方向性が適切であるか。

(4)本事業によりどのような活動成果が見込まれるか。また森里川海プロジェクトの個別プログラムの解決につながるか。

(5)取組を継続的に行うための実施体制が整っているか。また、「地域循環共生圏」構築に向け、必要な関係者と連携が図られているか。

(6)民間団体や協議会の場合、定款や規約等が定められているか。過去活動実績や資金管理は適切に行われているか。また、地方公共団体との連携方法が明確であり、協力を確認できる文書はあるか。

3.採択事業

 審査結果に基づき、予算の範囲内で10件を採択しました。採択事業一覧及び総評については別紙1、別紙2をご参照ください。

添付資料

連絡先
環境省自然環境局自然環境計画課
直通 03-5521-8274
代表 03-3581-3351
自然環境計画課長 :奥田 直久(内線6430)
保全再生調整官  :岡野 隆宏(内線6435)
里地里山保全専門官:長野 和明(内線6493)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ