報道発表資料

平成28年6月14日
自然環境
この記事を印刷

鳥獣の保護及び管理を図るための事業を実施するための基本的な指針の変更案に関する意見の募集(パブリックコメント)について

鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律(平成14年法律第88号)第3条の規定に基づく、鳥獣の保護及び管理を図るための事業を実施するための基本的な指針の変更に当たり、広く国民の皆様から御意見をお聞きするため、平成28年6月14日(火)から7月13日(水)までの間、意見の募集を行います。

1.背景

鳥獣の保護及び管理を図るための事業を実施するための基本的な指針(以下「基本指針」という。)は、鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律(以下「鳥獣保護管理法」という。)第3条に基づき、環境大臣が策定するもので、鳥獣保護管理事業の実施に関する基本的事項や、都道府県が作成する鳥獣保護管理事業計画に関する事項を定めています。

鳥獣保護管理法第3条では鳥獣保護管理事業計画は基本指針に即して定めることとされており、現行の鳥獣保護管理事業計画が今年度末に終了するため、新たな基本指針を示すこととしています。

環境省では、基本指針の見直しについて平成27年10月27日に中央環境審議会に諮問し、同審議会自然環境部会鳥獣の保護及び管理のあり方検討小委員会において検討を進め、今般新しい基本指針の変更案をとりまとめましたので、本案について、広く国民の皆様から御意見を募集いたします。

2.意見募集対象

鳥獣の保護及び管理を図るための事業を実施するための基本的な指針(案)

3.意見募集期間

平成28年6月14日(火)から平成28年7月13日(水)まで

4.意見の提出方法

御意見のある方は、別紙「意見募集要項」に沿って郵送、FAX又は電子メールにて御提出願います。意見募集要項に沿っていない場合、無効となる場合がありますので御注意願います。

なお、頂いた御意見に対する個別の回答はいたしかねますので、その旨御了承ください。

添付資料

連絡先
環境省自然環境局野生生物課鳥獣保護管理室
代表:03-3581-3351
直通:03-5521-8285
企画官:東岡 礼治(内線6475)
専門官:野川 裕史(内線6675)
担当:川瀨 翼(内線6476)
担当:黒江 隆太(内線6474)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ