報道発表資料

平成28年6月2日
再生循環
この記事を印刷

低炭素型3R技術・システム実証事業等の成果報告会の開催について

 環境省では、天然資源の消費の抑制、循環型社会の形成、CO2排出削減、社会システム全体のコストダウンに資する「低炭素型3R技術・システム実証事業」を通じて、循環型社会と低炭素社会の統合的な実現に向けた取組を進めております。
 この度、本事業に係る成果を広く社会に周知し普及を促進するため、本成果報告会を以下のとおり実施することとなりましたので、お知らせいたします。

1.日時

平成28年77日(木)13:3016:55(開場12:30

2.場所

大手町ファーストスクエアカンファレンス 会議室(B+C)

東京都千代田区大手町 1-5-1 ファーストスクエア イーストタワー2F

地図:http://www.1ofsc.jp/access/

3.成果報告者(予定)

(1)三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社(自動車高度解体、事業者連携)

(2)一般社団法人日本ELVリサイクル機構(自動車高度解体)

(3)株式会社ユーパーツ(自動車部品リユース)

(4)パナソニック株式会社(家電解体、パルス破砕による高効率解体)

(5)ガラス再資源化協議会(太陽光パネルのリユース・リサイクル)

(6)豊田通商株式会社(樹脂リサイクル、ミックスプラの高度選別)

(7)東京製鐵株式会社(鉄スクラップの高度利用)

4.参加申込みの手続等

(1) 参加(無料)を御希望の方は別紙1に示す申込書に必要事項を記載の上、6月27日(月)16時(必着)ま

 でに、下記の参加申込先(事務局)宛に、件名を「低炭素型3R技術・システム実証事業等の成果報告会」と 

 して、E-mail(3r-seikahoukoku@mri.co.jp)またはFAX(03-5157-2146)でお申し込み下さい。

  お申込みは、参加希望者1名につき1通とさせていただきます。参加希望者が多数の場合は先着順で受付、

 定員(180名)になり次第締め切らせていただきます。お申し込みをいただいた後、参加可能な方に対し、参

 加券を送付いたしますので、当日の参加の際に必ず御持参ください。先着順につき、参加いただけない場合は

 その旨の連絡をいたします。当日は参加申込みの受付に当たり、社員証・免許証など身分を証明するものをご

 提示していただく場合がございますので、あらかじめ御了承ください。

※ お申込みの際に御記入いただいた個人情報は、環境省保有個人情報管理規定に基づいて取り扱い、本成果報                              

 告会に係る参加者の管理、参加券の発行以外に使用することはありません。

(2)報道関係者の方はお申込みの際に「報道関係者」の欄にも記載してください。なお、カメラ撮りに際し

  ては、自社腕章を携帯していただくようお願いいたします。

5.参加申込先(事務局)

本成果報告会の申込の運営につきましては、株式会社三菱総合研究所に委託して実施しています。

<担当>

株式会社三菱総合研究所 環境・エネルギー研究本部

担当者:名城、鈴木、高田

〒100-8141 東京都千代田区永田町二丁目10番3号

電話:03-6705-6194 (平日の9:30~12:00及び13:00~17:00)

FAX:03-5157-2146

E-mail:3r-seikahoukoku@mri.co.jp

 

添付資料

連絡先
環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部企画課リサイクル推進室
直 通 03-5501-3153
代 表 03-3581-3351
室  長 田中 良典(内線6831)
室長補佐 山口 裕司(内線6855)
担  当 光山 拓実(内線6833)

ページ先頭へ