報道発表資料

平成28年6月2日
自然環境
この記事を印刷

平成28年度 地域循環共生圏構築にむけた実証地域における活動団体の公募について

環境省では、地域循環共生圏の構築に向けて、一緒に取り組んでいただける実証地域における活動団体を公募することとしましたのでお知らせします。

1.事業の概要

 本事業は、森里川海の適正な管理と活用を通じた地域循環共生圏の構築に向け、「多様な主体によるプラットフォームづくり」、「自立のための経済的仕組みづくり」、「人材育成」を実証地域において実施します。

 今回、本事業の主体として、一緒に取り組んでいただける意欲のある地方公共団体、または地方公共団体と連携して取組を行う民間団体や協議会を公募します。

2.公募実施期間

  平成28年6月2日(木)~平成28年6月30日(木)17時

3.事業実施体制

 「平成28年度地域循環共生圏構築検討業務」は、選定された実証地域において「多様な主体によるプラットフォームづくり」、「自立のための経済的仕組みづくり」、「人材育成」の活動を実施しするとともに、森里川海が生み出す恵みの経済的な評価を行ってその効果を検証し、「地域循環共生圏」の構築に向けた具体的な方策の検討を行うものです。

 選定された活動団体は、後日決定する本業務の受注者との共同実施者として、協定を締結し、事業を実施していただきます。

4.対象等

 対象:地方公共団体若しくは地方公共団体と連携して取組を行う民間団体や協議会

 公募団体数:8団体程度

 事業規模:1団体あたり300万円程度

 事業期間:単年度としますが、翌年度以降の予算が確保された場合に限り、本年度を含む最長で3箇年、継続的に活動していただきます。

5.応募方法

 本事業へ応募される場合には、環境省ホームページ内の「申請・届出・公募」の「公募情報」の「募集内容」から応募様式等をダウンロードし、公募要領・作成要領にしたがって必要事項を記載の上、所定の方法で提出してください。

 【公募のページ】http://www.env.go.jp/guide/kobo.html

6.参考

 本業務で目指すビジョンについては、「つなげよう、支えよう 森里川海」のホームページを確認下さい。

 【つなげよう、支えよう森里川海】http://www.env.go.jp/nature/morisatokawaumi/

添付資料

連絡先
環境省自然環境局自然環境計画課
課長  鳥居 敏男(内線6430)

環境省自然環境局自然環境計画課
保全再生調整官  岡野 隆宏(内線6435)

環境省自然環境局自然環境計画課生物多様性施策推進室
担当  速水 香奈(内線6665)

環境省自然環境局自然環境計画課
担当  長野 和明(内線6493)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ