報道発表資料

平成28年4月25日
廃棄物
この記事を印刷

「廃棄物等の越境移動等の適正化に関する検討会報告書」のとりまとめについて(お知らせ)

 廃棄物等の越境移動については、我が国は、平成4年(1992年)のバーゼル条約発効を受け、同年に国内担保法である「特定有害廃棄物等の輸出入の規制に関する法律」(バーゼル法)を制定するとともに、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」(廃棄物処理法)を改正することで、不適正な輸出入を防止するための手続きを整備するなど、その管理の基本的枠組みを整備しました。
 その後の状況の変化を踏まえ、廃棄物等の越境移動等の適正化について必要な検討を行うため、有識者で構成される検討会を設置し、平成27年9月から平成28年3月まで計5回にわたり検討を行い、この度、別添のとおり報告書がとりまとめられました。

添付資料

連絡先
環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部産業廃棄物課適正処理・不法投棄対策室
代表:03-3581-3351
直通:03-5501-3157
課  長:角倉 一郎 (内線 6871)
室長補佐:塚原 沙智子(内線 6885)
課長補佐:萱嶋 富彦 (内線 7852)
係  長:阿久津 正浩(内線 6886)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ