報道発表資料

平成28年4月11日
廃棄物
この記事を印刷

第三次循環型社会形成推進基本計画の進捗状況の第2回点検結果について(お知らせ)

このたび、第三次循環型社会形成推進基本計画(平成25年5月閣議決定。以下「循環基本計画」という。)の進捗状況の第2回点検結果について、中央環境審議会会長から環境大臣に報告されましたので、お知らせいたします。

1.第三次循環型社会形成推進基本計画の進捗状況の点検について

 第三次循環基本計画においては、中央環境審議会は、毎年度、本計画の着実な実行を確保するため、本計画に基づく施策の進捗状況の評価・点検を適切に行うとされています。本年度は第三次循環基本計画の第2回の評価・点検となります。

2.点検の進め方

第2回点検では、中央環境審議会(循環型社会部会)において平成27年4月から5回にわたって審議を行い、点検結果を取りまとめました。

3.点検結果の概要

 今回の点検結果では、循環基本計画に定められている我が国におけるものの流れ(物質フロー)に係る指標のうち、循環利用率及び最終処分量は長期的に向上傾向にありますが、資源生産性の目標の達成は厳しくなっており、しっかりと要因分析を行い、目標達成に向けた有効な取組に繋げていく必要があります。

また、循環基本計画に定められている目標を有する取組指標のうち、一般廃棄物の減量化、循環型社会ビジネスの市場規模拡大、循環型社会に関する意識・行動は目標の達成が厳しい状態となっており、更なる取組が必要です。

それ以外でも、2Rの取組推進、リサイクルの徹底、環境配慮設計推進、循環資源原料利用の製品需要拡大、有用金属情報の共有、各主体のネットワーク化・プラットフォーム化、国際資源循環の推進、SDGsの達成等に向けた取組等が重要です。

4.添付資料

・【①指標編】第三次循環型社会形成推進基本計画の進捗状況の第2回点検結果について

・【②評価・取組編】第三次循環型社会形成推進基本計画の進捗状況の第2回点検結果について

・【③参考資料編】第三次循環型社会形成推進基本計画の進捗状況の第2回点検結果について

・ 「第三次循環型社会形成推進基本計画の推進状況の第2回点検結果の概要」

添付資料

連絡先
環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部企画課循環型社会推進室
直通:03-5521-8336
代表:03-3581―3351
室長:  田中 良典(内線 6831)
室長補佐:谷貝 雄三(内線 6824)
担当:  佐藤 悠樹(内線 6891)
     土屋 美樹(内線 6892)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ