報道発表資料

平成28年3月31日
自然環境
この記事を印刷

「ミゾゴイの保護の進め方」策定に関する意見の募集(パブリックコメント)について(お知らせ)

 「ミゾゴイの保護の進め方」を策定するため、その案をとりまとめました。本案について広く国民の皆様から御意見をお聞きするため、平成28年3月31日(木)から4月29日(金)までの間、意見を募集いたします。

1.概要

 ミゾゴイ Gorsachius goisagi は、およそ標高1,000m以下の平地から低山帯の広葉樹林及び針広混交林に生息するサギ科の夏鳥で、ほぼ日本のみで繁殖します。

 ミゾゴイはかつて現在よりも身近に生息していましたが、その個体数は1960年代以後2000年頃まで継続的に減少したと考えられます。減少要因は、越冬地や渡りの中継地となる東南アジアにおける森林の減少や、日本における繁殖環境の減少、捕食者の増加であると考えられます。日本における繁殖環境の減少は、営巣適地である森林の伐採、土地の開発、整備に伴う造成等が行われることにより生じてきました。

 ミゾゴイの繁殖地がほぼ我が国に限られることを踏まえ、ミゾゴイが生息していることが意識されないまま繁殖環境が減少し、それが個体群の維持に影響を与えることにつながらないよう、我が国においてミゾゴイ及びその生息地保護のための対応を適切に行うことが重要です。

 そのため、ミゾゴイに接する機会があると考えられる関係者に対して、ミゾゴイに関する情報、保護の考え方、ミゾゴイの生息を確認した場合の対応等を明らかにするため、「ミゾゴイの保護の進め方」を策定することとし、その案をとりまとめましたので、国民の皆様から意見を募集します。

2.意見募集要項

(1)問い合わせ先

 環境省自然環境局野生生物課

 東京都千代田区霞が関1-2-2/電話03-5521-8282

(2)意見募集対象

 ミゾゴイの保護の進め方(案)

(3)資料の入手方法

 「ミゾゴイの保護の進め方(案)」は添付資料に掲載するとともに、(1)の問い合わせ先で閲覧・入手することができます。

 郵送を希望の方は、140円分の切手を添付した返信用封筒(A4版が入るもの)を同封して、環境省自然環境局野生生物課まで郵送でお申し込みください。

(4)意見提出期間

 平成28年3月31日(木)から平成28年4月29日(金)までの30日間

(5)意見提出先

 環境省自然環境局野生生物課

(6)意見提出方法

 意見は別添様式による文書で、必要項目(氏名、住所、電話番号、該当箇所、意見の内容等)を記入して、郵送、ファックス又は電子メールで、平成28年4月29日(金)まで(必着)に下記の宛先まで提出してください。

 なお、電子メールで意見提出を行う方は、ホームページ上にある様式ファイルを利用し、添付ファイルとして提出してください(メールの件名は「ミゾゴイの保護の進め方(案)に対する意見」としてください。)。

 <宛先>

 住所:〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2

               環境省自然環境局野生生物課

 ファックス:03-3581-7090

 電子メールのアドレス:shizen_yasei@env.go.jp

(7)留意事項

 意見の提出にあたっては、次の点について御了承願います。

・必要項目の記載がない意見については、無効とさせていただきます。

・電話での意見はお受けしかねますのであらかじめ御了承ください。

・頂いた意見については、個人の氏名、住所及び電話番号を除き公表される場合があります。

・頂いた意見に対する個別の回答はいたしかねます。

(8)提出された意見の取扱い

 提出された意見につきましては、その概要とそれに対する対応方針を取りまとめて公表します。

添付資料

連絡先
環境省自然環境局野生生物課
直通:03-5521-8282
代表:03-3581-3351
課  長:奥 田 直 久(6460)
課長補佐:中 島 慶 次(6465)
係  長:桝 厚 生(6670)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ