報道発表資料

平成28年3月18日
大気環境 保健対策 総合政策
この記事を印刷

中皮腫登録サイト開設について(お知らせ)

 環境省では、平成18年3月に制定された「石綿による健康被害の救済に関する法律」に基づく救済制度において、石綿による健康被害の一つである中皮腫の認定に当たりこれまでに7,000件近く(平成27年12月末時点)の中皮腫の医学的判定を行ってまいりました。
 この度、中皮腫の治療法の向上を図るため、救済制度で認定された中皮腫症例に係る病理所見及び画像所見、治療内容等の情報を整理、集計した中皮腫登録の情報を公開いたしましたのでお知らせいたします。

1.概要について

 平成23年6月の中央環境審議会答申「石綿健康被害救済制度の在り方について(二次答申)」において、「診断や治療が容易でない中皮腫については、情報を集約し、治療法などに応じた予後の分析を行うことは治療法の向上を図るため重要である。このため、中皮腫についてもがん登録制度を参考にしつつ、救済制度の中で機構(注:独立行政法人環境再生保全機構)に集まる治療内容や生存期間の情報を活用しながら調査研究を行い、その結果を広く認定患者や、医療機関に対し、情報提供することについて検討すべきである。」とされています。この答申を踏まえ、平成25年度から、救済制度で認定された中皮腫症例に係る病理所見及び画像所見、治療内容等の情報のデータベースへの登録(中皮腫登録)を開始し、登録した情報の整理、集計を行ってきました。

 今般、一定規模の情報に基づく整理・集計が完了したことから、以下のとおり、中皮腫登録のサイトを開設し、整理、集計された情報について公開することといたしました。

2.掲載事項について

 平成26年度までに中皮腫登録に同意を得られた方487名の性別・年齢・発生部位・中皮腫発見の契機・中皮腫発見時の症状・中皮腫発見時の治療内容・判定結果等をまとめました。今後も登録数を増やすとともに、掲載情報の充実に努めてまいります。

3.掲載場所

https://www.env.go.jp/air/asbestos/registration

以上 

連絡先
環境省総合環境政策局環境保健部環境保健企画管理課石綿健康被害対策室
直通電話:03-5521-6553
代表電話:03-3581-3351
室   長:高城  亮(内6381)
室長補佐:原田 英治(内6386)
医療専門官:護邦 英俊(内6389)

ページ先頭へ