報道発表資料

平成28年3月10日
総合政策
この記事を印刷

我が国における「持続可能な開発のための教育 (ESD) に関するグローバル・アクション・プログラム」実施計画の策定について

 持続可能な開発のための教育に関する関係省庁連絡会議において、我が国における「持続可能な開発のための教育(ESD)に関するグローバル・アクション・プログラム」実施計画(ESD国内実施計画)が、本日策定されました。
 (同時発表:文部科学省)

 2013年の第37回ユネスコ総会において「ESDに関するグローバル・アクション・プログラム(GAP)」が採択されたことを受け、文部科学省・環境省の両事務次官が共同議長を務める「持続可能な開発のための教育に関する関係省庁連絡会議」において、我が国における「持続可能な開発のための教育(ESD)に関するグローバル・アクション・プログラム」実施計画が、本日策定されました。

 関係省庁においては、今後、本計画に基づき、GAPが定める5つの優先行動分野に沿って取組を進めていくこととしています。

〈本件に関する問合せについて〉

環境省総合環境政策局環境教育推進室 池田 丸山

電話:03-3581-3351(代表) 内線:6272・6273

03-5521-8231(直通)

FAX: 03-3580-9568

文部科学省国際統括官付 野田 高橋 野原

(日本ユネスコ国内委員会事務局)

電話:03-5253-4111(代表) 内線:3401

03-6734-3401(直通)

添付資料

連絡先
環境省総合環境政策局環境経済課環境教育推進室
直通:03-5521-8231
代表:03-3581-3351
室長:鈴木 義光(内線:6240)
補佐:池田 怜司(内線:6272)
担当:丸山 有紀(内線:6273)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ