報道発表資料

平成20年9月25日
地球環境
この記事を印刷

第7回エコ燃料利用推進会議の開催について(お知らせ)

環境省では、バイオマス資源を原料とする燃料(エコ燃料)のうち、特に近年状況が大きく変化したバイオエタノールに係る国内外での最近の取組状況を整理し、今後の導入拡大に向けたロードマップ改定に向けた検討を行うため、第7回エコ燃料利用推進会議を10月2日(木)に開催します。

1.会議設置の背景・趣旨

 我が国は京都議定書における温室効果ガスの削減約束の達成のため、新エネルギーの一つであるバイオマスエネルギーについても、輸送用バイオ燃料を含め、その利用を積極的に推進することとしています。
 環境省では、バイオマス資源を原料とする燃料(エコ燃料)の今後の大規模導入と石油燃料代替に向けての道筋や対応方策を検討するため、平成17年12月に「エコ燃料利用推進会議」を設置し、輸送用エコ燃料及び熱利用エコ燃料のそれぞれについて、その導入シナリオや支援方策等を提示した報告書をとりまとめました(「輸送用エコ燃料の普及拡大について」(平成18年5月)、「熱利用エコ燃料の普及拡大について」(平成18年8月))。
 環境省では、これらの報告書を踏まえて、関連する施策を進めているところですが、特に近年の輸送用バイオエタノールを巡る国内外の状況の急激な変化を踏まえ、輸送用バイオエタノールの導入普及に係る国内外の最新の動向について報告するとともに、平成18年の報告書において提示した普及拡大ロードマップの改定に向けた検討を行うため、平成20年7月1日に「第6回エコ燃料利用推進会議」を開催しました。このたび、これに引き続き議論を行うため、「第7回エコ燃料利用推進会議」を開催します。

2.第7回会合の開催について

(1)日時

平成20年10月2日(木)10:00〜12:00

(2)場所

全国都市会館 3階 第2会議室
(東京都千代田区平河町2−4−2)

(3)議題

  • 1)技術WG、普及WGのとりまとめの方向性について
  • 2)エタノール以外のバイオ燃料の状況について
  • 3)海外での取組状況について
  • 4)その他

(4)傍聴について

 本会議は公開です。傍聴を御希望の方は電子メールで、[1]氏名、[2]勤務先、[3]電話番号、[4]傍聴券の送付先(E-mailアドレス)を平成20年9月30日(火)必着で、下記の宛先までE-mailにてお申し込み下さい。お申し込みの際は、E-mailのタイトルに「エコ燃料利用推進会議(第7回)傍聴希望」と明記して下さい。お申し込みは傍聴希望者一人につき1通とさせていただきます。
 なお、一般の傍聴可能人数は80人を予定しておりますので、傍聴希望者が80人を超えた場合には、抽選とさせていただく場合があります。
 また、申し込み受付締切後、傍聴することができる方には傍聴券を御指定いただいた送付先(E-mail)にお送りいたしますので、当日必ず持参していただくようお願いいたします。(傍聴できない場合も、その旨を御連絡いたします。)

 会場の都合により、取材を希望されるマスコミ関係の方についても、10月1日(水)12:00までに所属と氏名をE-mailにて御連絡ください。カメラ撮りを御希望の方は、その旨も併せて御連絡ください。カメラ撮りは会議の冒頭のみでお願いいたします。
 一般の方、マスコミ関係の方、いずれの場合も、お申し込みのない場合は、傍聴をお断りすることがあります。
傍聴登録先・連絡先
環境省 地球環境局 地球温暖化対策課内
エコ燃料利用推進会議事務局
担当:亀井・小倉・門脇
電話:03-3581-3351[内線6780]
e-mail:chikyu-ondanka@env.go.jp

添付資料

連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課
直通 03-5521-8339
代表 03-3581-3351    
課長 徳田 博保(内6770)
調整官 室石 泰弘(内6771)
課長補佐 足立 晃一(内6791)
担当 亀井 雄(内6780)

関連情報

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ