報道発表資料

平成28年2月3日
総合政策
この記事を印刷

「風力・地熱発電に係る地域主導型の戦略的適地抽出手法の構築事業」に係るモデル地域の公募について

 環境省では、地域(地方公共団体)の主導により風力発電等に係る事業者の事業計画の推進と環境配慮の両面から適地を抽出する手法の構築を目指すこととしています。
 このたび、地熱発電又は風力発電に係る適地抽出を実践するモデル地域の公募を開始することとなりましたので、お知らせします。
 公募期間は平成28年2月3日(水)から3月3日(木)までとなります。

1.概要

 環境省は、地域(地方公共団体)の主導により、先行利用者との調整や各種規制手続の事前調整等を図り、また、必要な環境情報の収集等によりそれらと一体的に環境影響評価手続を進めることで、環境配慮と事業者の事業計画の推進の両面から「風力発電等の適地」を抽出する手法の構築を目指すこととしています。

 このたび、同事業の一環として、実際に地熱発電又は風力発電の適地抽出を実践するモデル地域を地方公共団体から公募します。応募があった地域のなかからモデル地域を地域特性等を考慮して3地域程度選定します。

2.公募期間

 平成28年2月3日(水) ~ 平成28年3月3日(木)

3.対象等

(1)対象 

 本事業に応募できるのは、以下のいずれかとします。

・ 地方公共団体(都道府県、市区町村。単独でも、複数でも可とする。)

・ 地方公共団体と民間事業者(発電を計画している事業者)の共同実施体

 二者以上の者が共同で提案を行う場合は、その主たる業務を行う者が一括して受託することを原則とします。

 また、民間事業者と共同実施で応募する場合は、主たる業務を行う者は、地方公共団体とし、民間事業者単体での応募は不可とします。

(2)内容

 環境省からの委託事業として、各モデル地域において、地方公共団体が主導して以下の内容について検討・実施し、質が高く効率的な地熱発電又は風力発電の適地抽出を行っていただきます。

・ 地域の環境特性や法規制等に関する既存情報の収集

・ 追加的な環境調査の実施

・ フィージビリティの検証

・ 適地抽出に係る有識者からの意見聴取

・ 関係者・関係機関との調整

・ 環境配慮の検討

・ 適地の抽出

4.予算及び実施期間

(1)予算(委託額)

 1地域当たり4,000万円以内(平成28年度)を予定しています。

(2)実施期間

 平成28年度から平成29年度(2カ年度)までを予定しています。いずれも各年度における予算への計上及び成立等が前提となります。

5.応募方法

 本事業へ応募される場合には、本お知らせに添付されている応募様式等をダウンロードの上、公募要領に従って必要事項を記載の上、所定の方法で提出してください。

 また、近日中に応募に関するFAQを公開する予定です。

6.公募に係る説明会

 本公募にあたり、全国3か所において説明会を実施する予定です(2/3熊本会場、2/8仙台会場、2/9札幌会場)。参加希望又はお問い合わせは下記の環境省担当者までお問い合わせください。

7.提出先・問い合わせ先

 本公募にあたりその業務の一部を日本工営株式会社に委託しており、本公募に関する書類の提出や問合せにあたっても環境省の指示のもと原則委託先において対応しています。

〒102-8539 東京都千代田区九段北1-14-6

日本工営株式会社 環境部

担当:佐藤、國次

TEL:03-3238-8380(直通)

E-mail:a4239@n-koei.co.jp(佐藤、國次)

添付資料

連絡先
環境省総合環境政策局環境影響評価課
課  長:大森 恵子(内線6230)
課長補佐:福嶋 慶三(内線6232)
係  長:安陪 達哉(内線6208)
担  当:坂田 修一(内線6234)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ