報道発表資料

平成28年1月19日
廃棄物
この記事を印刷

製品プラスチックの店頭回収・リサイクルの実証事業開始について (お知らせ)

 環境省では、容器包装リサイクル法(以下「容リ法」という。)の対象外であることから、現在多くの自治体で分別収集・リサイクルが行われず、焼却・埋め立てによる処理が行われている生活用品等の製品プラスチックの効率的な回収・リサイクルを促進するため、店頭回収によるリサイクルの実証事業「PLA-PLUS(プラプラ)プロジェクト」を、回収実施企業等42企業・団体(平成28年1月18日時点)の協力の下、本年2月14日から行います。

1. 実証事業の目的
 現在我が国では、容リ法に基づき、市町村が分別収集した容器包装廃棄物をリサイクルする仕組みが作られています。
 一方で、生活用品等の製品プラスチックは、容リ法の対象外であるため再資源化可能な物も多く含まれているにも関わらず、多くの自治体で分別収集・リサイクルが行われず、焼却・埋め立てによる処理が行われています。
 より高度な循環型社会を形成するには、こうした製品プラスチックについても資源物としての扱いを検討し、可能な限り再資源化を進めていくことが求められています。
 このため、環境省では、平成23年度よりPLA-PLUSプロジェクトとして、消費者、小売店、製造事業者等の協力の下、製品プラスチックの効率的な回収システムの構築に向けた実態調査を行うとともに、実証を通じて実態把握及び課題整理を行ってきました。
 本事業では、過年度までの実証事業で得た知見を活かしつつ、多様な事業者の連携に基づき、消費者を含めた製品プラスチックの効率的な回収システムを構築すること、及び容リ法に基づく容器包装プラスチック回収との抱き合わせの可能性についての知見を得ることを目的とします。

2. 実証事業の内容
 本実証事業は日本環境設計株式会社が事務局となる「PLA-PLUS(プラプラ)プロジェクト」として実施し、回収参加企業各社の店頭・モール等でプラスチック製品の回収を行い、回収物の再資源化の方策に係る調査を行います。
 また、各自治体、小売事業者、製造事業者、再資源化工場の協力の下、再資源化ビジネスモデルの具体案の検討も行います。

 実証事業の概要は以下のとおりです。

(1)実施期間:平成28年2月14日(日)~平成28年3月14 日(月)

※期間中、企業・回収場所・店舗ごとに随時開催

(2)回収対象:文具、おもちゃ等のプラスチック製品

(3)回収方法:消費者がリサイクルしたいプラスチック製品を、店頭・店内等に設置している回収ボックスに投入していただく、又はレジ等に持ち込んで引き渡していただく。

(4)回収場所:参加企業、団体等のモール、店舗、オフィス、幼稚園等

※企業の回収情報等については決定しだい、PLA-PLUS公式ウェブサイト(http://plaplus-project.jp/)等で周知します。

回収参加企業・団体: 42企業・団体(平成28年1月18日時点)
総合スーパー、百貨店、ショッピングモール: イオン株式会社、イオンモール株式会社、セブン&アイ・ホールディングス、ユニー株式会社、株式会社そごう・西武、株式会社丸井グループ、大和リース株式会社、大和ハウス工業株式会社(回収イベント実施モー ル:イオンモール鹿児島、イオンモール福岡、フレスポ稲毛、フレスポ八潮、小田原シティーモール、BiVi藤枝、BiVi二条、フレスポ東大阪、フレスポ長田、フレスポしんかな、BRANCH神戸学園都市、BiVi福岡、フレスポ鳥栖、フレスポジャングルパーク)

家電量販店:大手家電流通協会(株式会社エディオン、株式会社ケーズホールディングス、株式会社コジマ、上新電機株式会社、株式会社ビックカメラ、株式会社ベスト電器、株式会社ヤマダ電機)

おもちゃ・ベビー用品販売店: 株式会社赤ちゃん本舗、タカラトミーグループ(キデイランド)

ホームセンター:DCMホールディングス株式会社(DCMカーマ株式会社、DCMダイキ株式会社、DCMホーマック株式会社)

おもちゃ・生活雑貨販売店: 株式会社ジェイアイエヌ[JINS]、株式会社メガネトップ[眼鏡市場]、株式会社オンデーズ、株式会社世界のメガネプリンス、プラス株式会社[+PLUS]、株式会社良品計画[無印良品]、株式会社ロフト、株式会社東急ハンズ

メディアショップ店: 株式会社ゲオホールディングス (総合リユースショップ店:スーパーセカンドストリー ト)

コーヒーストア、ファストフード:スターバックスコーヒージャパン株式会社、日本マクドナルド株式会社、日本KFCホールディングス株式会社

3. 問合せ先

 本実証事業の詳細等については、下記連絡先へお問い合わせください。

  問合せ先:日本環境設計株式会社 担当:矢野 裕子

  電子メールアドレス:info@plaplus-project.jp

  電話番号:03-6273-3218

  ファクシミリ:050-3737-3463

  ホームページ:http://plaplus-project.jp/

連絡先
環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部企画課リサイクル推進室
直  通:03-5501-3153
代  表:03-3581-3351
室  長:田中 良典(内線 6831)
室長補佐:鈴木 弘幸(内線 6822)
担  当:西本 満裕(内線 6854)

ページ先頭へ