報道発表資料

平成27年11月26日
大気環境
この記事を印刷

第9回アジアEST地域フォーラムの結果について(お知らせ)

 環境省は、国際連合地域開発センター(UNCRD)、ネパール連邦民主共和国公共インフラ・交通省及び国際連合アジア太平洋経済社会委員会(ESCAP)と共催で、平成27年11月18~20日に、アジアEST※地域フォーラム第9回会合をネパール連邦民主共和国・カトマンズにて開催しました。
 会議では、「災害にレジリエント(強靭)なEST」を主なテーマに、災害にレジリエント(強靭)な交通や気候変動への適応等に関する取組の共有、「バンコク宣言2020」に示された目標の実現に向けた総括などが行われ、より一層EST を推進することについて確認されました。
                            (※EST:環境的に持続可能な交通)

(※)アジアEST地域フォーラムは、アジア地域における環境的に持続可能な交通(EST)の実現を目指して、我が国と国際連合地域開発センター(UNCRD)が共同で設立した、政府ハイレベルによる政策対話会合です。第9回会合の概要及び主な結果は以下の通りです。

1.会議概要

■日程 : 平成27年11月18~20日

■場所 : ネパール連邦民主共和国 カトマンズ/ハイアット・リージェンシー

■主催 : 日本国環境省、国際連合地域開発センター(UNCRD)、ネパール連邦民主共和国公共インフラ・交通省、国際連合アジア太平洋経済社会委員会(UNESCAP)

■参加者: アジア諸国26カ国の政府高官(環境省及び交通関係省庁等)

(アフガニスタン、インド、インドネシア、韓国、カンボジア、スリランカ、タイ、日本、
ネパール、パキスタン、バングラデシュ、東ティモール、フィリピン、ブータン、ベトナム、マレーシア、ミャンマー、モルディブ、モンゴル、ラオス、アゼルバイジャン、イラン、キルギスタン、タジキスタン、サモア、フィジー)

交通と環境分野に関する学識経験者等の専門家、国際機関関係者 他

※日本からは、環境省・早水大臣官房審議官他が出席しました。

※11月17~18日AMには、UNESCAP等による「持続可能な開発のための安全で気候に適応した災害にレジリエント(強靱)な交通」などのセミナー等が開催されました。

2.主な結果

(1) アジア地域26か国の代表等が参加し、特に災害にレジリエント(強靭)な交通や、COP21を踏まえた気候変動への適応等をテーマに議論が行われ、ESTに関する政策、先進事例等の共有が図られました。

(2) 2010 年開催の第5 回フォーラムにて採択された「バンコク宣言2020」に示された目標の実現に向けた各国の取組の紹介が行われるとともに、その中間的な総括が行われ、目標の実現に向けてより一層EST を推進することについて確認されました。

(3) ネパール政府が策定を進めていた国家EST戦略(2015-2040)が示され、レジリエント(強靭)で持続可能な交通をネパールにおいていかに確保するかについて議論が行われました。

(4) EST推進のための新たな活動として、南アジア、東南アジアを対象にしたワークショップを開催していくことが合意されました。また、次回フォーラムはラオスで開催されることが合意されました。

3.環境省の今後の取組

 環境省では、国土交通省等の関係機関とも連携しながら、アジア地域を中心とした環境的に持続可能な交通(EST)の実現に、引き続き積極的に取り組んでまいります。

4.その他

* 本会合のプログラムについては、別添を御参照ください。

* 関連リンク先:

環境省の環境と交通の取組 http://www.env.go.jp/air/traffic_env/index.html

国際連合地域開発センター http://www.uncrd.or.jp/

添付資料

連絡先
環境省水・大気環境局自動車環境対策課
直  通:03-5521-8303
代  表:03-3581-3351
課  長:小野 洋 (内線6520)
課長補佐:本田 卓 (内線6526)
担  当:加藤 淳 (内線6527)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ