報道発表資料

平成27年11月5日
地球環境
この記事を印刷

平成27年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(設備の高効率化改修支援モデル事業)に係る3次公募の対象事業者の採択について(お知らせ)

 環境省では、地方自治体や民生・業務部門の各種施設等で稼働している設備のうち、部品の劣化やメンテナンス不足により効率が低下した設備について、高効率化改修(機器全体ではなく、エネルギー効率の向上及び二酸化炭素削減に寄与する部品・部材の交換・追加や、交換等を実施した設備を稼働させるのに必要な調整)を支援し、低コストで二酸化炭素排出量とエネルギーコストの大幅な削減を実現するモデルを確立する「設備の高効率化改修支援モデル事業」を実施しております。
 この度、本事業の3次公募に応募があった案件について本補助金の執行団体である一般社団法人温室効果ガス審査協会において審査を行った結果、12件を採択しましたのでお知らせします。

1.設備の高効率化改修支援モデル事業の内容

(1)事業概要

 本事業では、地方自治体の所有する各種施設や民生部門の施設等で稼働している設備のうち、部品の劣化やメンテナンス不足により効率が低下した設備について、高効率化改修(※)を支援し、効率が低下した設備の効率改善により、費用対効果が優れた二酸化炭素削減手法を確立することを目的とした案件について補助を行うものです。

※「高効率化改修」とは、エネルギー効率の向上に寄与する部品・部材の交換・追加(以下、交換等)及び交換等を実施した設備を稼働させるのに必要な調整とします。

(2)補助対象

 設備内のエネルギー効率の向上に寄与する部品・部材の交換等、及び交換等を実施した設備を稼働させるのに必要な調整

(3)補助の交付額  

 補助対象経費の1/2又は2/3

2. 採択結果

 平成27年9月11日(金)から10月5日(月)まで3次公募を行い、応募案件の審査を行った結果、12件の採択をしました。なお、採択結果の詳細は、本補助金の執行団体である一般社団法人温室効果ガス審査協会のウェブサイト(http://www.gaj.or.jp)をご覧ください。

3. 問い合わせ先

一般社団法人 温室効果ガス審査協会

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-29-1 住友不動産一ツ橋ビル7階

ASSET事業運営センター 事業部

担当:角田、加藤、有井、田部井

E-mail:eie@gaj.or.jp

電話:03-6261-4381 FAX:03-6261-4382

ウェブサイト:http://www.gaj.or.jp

連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課
直  通  03-5521-8355      
代  表  03-3581-3351
課  長  松澤  裕 (内線6736)
課長補佐  井戸井 毅 (内線6759)
係  長  嶋田  章 (内線6729)
担  当  山口  仁士(内線7720)

ページ先頭へ