報道発表資料

平成27年10月15日
地球環境
この記事を印刷

「L2-Tech2015年度夏 認証製品リスト」の公表について

 環境省では、「L2-Tech・JAPANイニシアティブ」として、エネルギー起源二酸化炭素の排出削減に最大の効果をもたらす先導的(Leading)な低炭素技術(Low-carbon Technology)=L2-Tech(エルツーテック)の普及促進を進めており、その一環としてL2-Tech情報の体系的な整理を行い、本年3月に「平成26年度版L2-Techリスト」としてまとめ、各設備・機器等の最高水準をL2-Tech水準として開示するとともに、平成27年度より、最高水準の製品を世の中に発信し広く普及するため、L2-Tech水準に基づきメーカー製品の認証制度を開始しました。
 この度、メーカーから応募があった製品について、本制度において設置する審査・認証委員会の審査結果に基づき、環境省が認証した結果を「L2-Tech2015年度夏 認証製品リスト」としてまとめましたので、公表します。

1.事業概要

 「地球一個分」という環境制約の下、大量生産・大量消費型の社会から脱却し、国民一人ひとりが真に豊かな低炭素社会を実現し、2050年までに80%の温室効果ガス排出削減を実現するためには、L2-Techについて、普及・導入を進める必要があります。

 本認証制度は、日本法人が製造または販売する製品等のうち、平成27年3月に公表した「平成26年度版L2-Techリスト 第I表」に示す「L2-Techの水準」を満たすものについて、本制度において設置する審査・認証検討委員会の審査結果に基づき、環境省が認証するものです。

 認証された製品は、「エネルギー消費量削減・二酸化炭素排出削減のための先導的な要素技術またはそれが適用された設備・機器等のうち、エネルギー起源二酸化炭素の排出削減に最大の効果をもたらすもの」として、環境省が情報発信することにより、導入・普及を強力に推進するとともに、今後の普及に向けて、認証された製品・技術に対する各種の支援政策の実施を検討するものです。

2.認証結果

 以下に示す①~③の全てを満たす製品を認証の対象とし、該当する製品を製造または販売している日本法人を対象として公募し、この度、316件を認証しました。 

① 「平成26年度版L2-Techリスト第I表」において、「L2-Techの水準」が掲載されている設備・機器等に該当する製品等

② 市場への出荷実績のある商用化済みの製品等

③ 国内で製造または販売している製品等

 認証された製品には審査時点のL2-Tech水準が識別可能な認証が付与されます(例えば、平成26年度L2-Techリストに基づき認証された今回の認証製品は、L2-Tech 2015年度夏として認証されます。)。

 なお、結果詳細については、「L2-Tech2015年度夏 認証製品リスト」を参照ください。

3.今後の予定

 「L2-Tech2015年度夏 認証製品リスト」は、公募期間とした平成27年8月17日~9月4日に応募があった製品について認証を行ったものです。今後は、「L2-Tech2015年度冬(仮称)認証製品リスト」について、来年1月頃に対象製品の公募、審査を経て年度末に公表する予定です。

4.「L2-Tech2015年度夏 認証製品リスト」に関するお問い合せ先

 お問合せ、御要望等は、当事業の委託先であるデロイト トーマツ コンサルティング合同会社に御連絡ください。

【お問合せ先】

デロイト トーマツ コンサルティング合同会社

パブリックセクター(担当:村上・伊原・石津)

「平成27年度L2-Tech制度・システム等構築支援業務係」

〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル

TEL:03-4334-8930 (受付時間:平日9:30~17:30まで)

E-mail:l2-tech@tohmatsu.co.jp

5.参考

 L2-Techに関する関連情報については、以下のホームページに掲載しています。

http://www.env.go.jp/press/100809.html

<添付資料>

・L2-Tech2015年度夏 認証製品リスト 

・L2-Tech認証 実施規則 ver.1.00

修正履歴

2015/10/30 添付資料「L2-Tech2015年度夏 認証製品リスト」を差し替え。

       型番の一部修正 D-01-004:ガス温水機器(ノーリツ)の型番CQ→GQに修正

       認証製品個別情報の連絡先のリンク先一部不具合を修正

       

添付資料

連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課市場メカニズム室
室  長  小笠原 靖(内線7716)
室長補佐  稲垣 信一(内線7734)
室長補佐  峯岸 律子(内線6769)
担  当  奥井 洋介(内線6781)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ