報道発表資料

平成27年7月24日
水・土壌
この記事を印刷

8月1日「水の日」に環境省が主催する「Water Day FESTIVAL」について (お知らせ)【第2弾】

環境省が8月1日(土)~2日(日)に、イオンモール幕張新都心にて開催する「Water Day FES」(ウォーターデーフェス)に関する続報として、参加企業に関する情報とステージイベントプログラムについてお知らせします。
会場となるグランドモール1階では、30の企業・団体等が出展し、それぞれが様々な視点や商品などを通した「Water Style」を提案します。
またステージでは、髙橋ひかるさんや蛯原英里さんをはじめ、たくさんのゲストをお招きし、来場者の皆様に「Water Style」を楽しみながら分かりやすく、より身近に理解していただけるトークセッション等を実施します。

1.「Water Day FESTIVAL」について

環境省では、下記概要のとおり、8月1日(土)と2日(日)の2日間、イオンモール幕張新都心(千葉県千葉市美浜区)において、「Water Day」や「Water Style」をより多くの皆様に知っていただき、皆様の生活に広がっていくよう、数多くの企業と連携して、水との新しい向き合い方を提案する「Water Day FESTIVAL」を開催いたします。

<開催概要>

催:環境省(ウォータープロジェクト)

特別協力:イオン株式会社

会場協力:イオンモール幕張新都心

協  力:内閣府、国土交通省

日  時:平成27年8月1日(土)~2日(日) 

     11:00~16:00

会  場:イオンモール幕張新都心 グランドモール1F「グランドスクエア」他

※詳細は、7月17日発表「8月1日「水の日」に環境省が主催する「Water Day FESTIVAL」について

(お知らせ)【第1弾】」をご参照ください。

2.Water Day FESTIVAL出展企業について

環境省が提案する水との新しい向き合い方「WaterStyle」を様々な視点から、来場者へご提案頂くため、下記の企業・団体がそれぞれの商品やサービス、取組みなどを活かした「Water Style」の提案を、下記の3つのテーマに分かれたエリアで展開します。

<「出展企業名」と「各社のWater Style」>(会場毎五十音順)

①【メイン会場A:Water Styleメイン企業等】(グランドスクエア)

ウミガメ触れ合い体験、体験型学習プログラムの実施、足水体験、かき氷提供、ミスト体験、

デオドラント紹介等、室外ならではの体験型ブースを各社が展開。

・鴨川シーワールド 「水の地球に暮らす、生命の輝きを、次の世代へ」

・プロジェクトWET(公益財団法人河川財団)

・サントリーホールディングス株式会社 「天然水かき氷で水を愉しもう!」

・株式会社資生堂 「アクティブライフ WITH Water Style」

・株式会社OSGコーポレーション「水をよりおいしくすることを通じて水からライフスタイルを変えていく

・熱中症予防声かけプロジェクト「小まめな水分補給と水への感謝!」

・環境省 「広げよう世界へ!JAPAN Water Style ~守り育て、贈り使い、大切に還す~」

・国土交通省「知ろう!水の循環育む下水道」

・TOTO株式会社 「水と地球の、あしたのために。TOTOグローバル環境ビジョン」

・日本香堂 「水と香りを楽しむWater Style」

・日本コカ・コーラ株式会社 「コカ・コーラシステムのWater Style Water Neutality」

・松田医薬品株式会社 「「うるおい家族」とぬるめのお湯でWater Style」

・レック株式会社 「洗剤いらずの激落ちくんでWater Style」

③【サブ会場A:「食と水」テーマ企業等】(イオンコート)

水と関わり深い食品を通して、「食と水」とのつながりを紹介し、食品や飲料等からの目線によるWaterStyleを各社が紹介。

・Enjoy Food Project by Kichen Life 「水に一工夫して、家族の食事をよりおいしく。」

・OISIX 「オイシックスキットで、調理や洗い物のお水をカット」

・パルシステム 「パルシステムは食を通じて水循環を支えます」

・富士山の銘水株式会社 「水と人と自然をつなぐ」 

・らでぃっしゅぼーや  「夏野菜で日本の水を味わおう!」

 

④【サブ会場B:「子育て・スポーツ等」多種テーマ企業等」】(ホビーコート)

ファミリー層向けに、子育てやスポーツなど多様な視点から、日常の水との関わり方について、様々なWaterStyleとして紹介するとともに、参加型イベント等を実施して楽しみながらWaterStyleについて理解を促すブースを各社が展開。

・Enjoy Sports Project 「スポーツと水のある生活」

(体力メンテナンス協会、千葉ジェッツ、日本アスリートセラピスト協会)

・ママのはたらくインフォメーションプロジェクト 「時短家事で上手に水を使いましょう」

(「赤ちゃんボンジュールaha」、「ママプロ」(公益財団法人日本財団)、「CHANTO」(主婦と生活社)、「PASONA」、「リクルートジョブズ」)

・ライオン株式会社 「キレイキレイのWater Style 続けよう!毎日の手洗い習慣」

・ワールドファミリー 「最初の英語は「Water Style」」

3.ステージイベントについて

メイン会場(グランドスクエア)のステージでは、下記プログラムによる来場者へ「Water Day」や「Water Style」を分かりやすく、楽しみながらお伝えする催しを実施します。

【8月2日()】

 

・11:00~ イベント説明

 

・12:00~ ミス アース ジャパン × Water Style企画

 山田彩乃さんによるWater Styleトークセッション

・13:00~ ママの働くインフォメーション × Water Style企画

 リーダーママたちによる子育てなどを通した「Water Style」トークセッション

 

・14:00~ ENJOY SPORTS PROJECT × Water Style企画

 アスリートによるスポーツを通した「WaterStyle」の紹介と体験イベントの実施

・15:00~ 環境省企画「水への感謝の気持ちをみんなで書こう」

 来場者にステージ上で水への感謝メッセージを書いてもらう参加型イベントの実施

 ステージ上でミス アース ジャパン山田彩乃さんと記念撮影も予定。

・16:00  イベント終了

4.プロジェクトサポーターについて

このたび、ミス アース ジャパン山田彩乃さんにプロジェクトサポーターにご就任頂き、会場内環境省ブースでの来場者のみなさまとの記念撮影や、ステージイベントにおける「Water Style」トークセッションなどにご出演いただきます。

5.その他

 下記、項目については、7月17日発表「8月1日「水の日」に環境省が主催する「Water Day FESTIVAL」について(お知らせ)【第1弾】」をご参照ください。

・スペシャルサポーター

・ママ向けサイト「ママスタジアム」との連携について

・スポーツ×WaterStyleに関するステージイベント

・その他イベントの連携 

(関連サイト)

<Water Day FESTIVALページ> http://www.eeel.go.jp/water-project/waterdayfes/

<Water Dayページ> https://www.eeel.go.jp/water-project/waterday/

<Water Styleページ> https://www.eeel.go.jp/water-project/waterstyle/

<ウォータープロジェクトサイト> https://www.eeel.go.jp/water-project/

連絡先
環境省水・大気環境局水環境課
直通:03-5521-8304
代表:03-3581-3351
課 長 : 二村 英介 (6610)
担 当 : 田中 道雄 (6622)

ページ先頭へ