報道発表資料

平成27年7月23日
地球環境
この記事を印刷

Let's COOL CHOICE!「スタジアムに集まるのがエコ」!~プロ野球クールシェア月間との連携について~

環境省では、関係省庁をはじめ様々な企業・団体・自治体等と連携しながら、省エネ・低炭素型の「製品」「サービス」「行動」など、温暖化対策に資するあらゆる「賢い選択」を促す新しい国民運動「COOL CHOICE」を7月1日から開始しています。
現在、環境省では、涼しい場所に皆で集ったり、エアコンを消して外にでかけることで、楽しみながら地球温暖化対策や節電に取り組む「クールシェア」を呼びかけていますが、「クールシェア」も「COOL CHOICE」(賢い選択)のひとつです。
この度環境省では、NPB(一般社団法人日本野球機構)と連携し、8月1日から8月31日までの1ヵ月間を「プロ野球クールシェア月間」として、クールシェアへの参加呼びかけを通じて「COOL CHOICE」の認知拡大を図り、12球団の各試合会場等で様々な施策を行うこととなりましたので、お知らせします。

※「COOL CHOICE(クールチョイス)」とは

「COOL CHOICE」とは、「2030年度の温室効果ガスの排出量を2013年度比で

26%削減する」という目標達成のために、日本が世界に誇る省エネ・低炭素型の製品・サービス・行動など、温暖化対策に資するあらゆる「賢い選択」を促す国民運動です。

例えば、エコカーを買う、エコ住宅を建てる、エコ家電にするという「選択」、高効率な照明に替える、公共交通機関を利用するという「選択」、クールビズ、クールシェアをはじめ、低炭素なアクションを実践するというライフスタイルの「選択」。

みんなが一丸となって温暖化防止に資する選択を行ってもらうため、統一ロゴマークを設定し、政府・産業界・労働界・自治体・NPO等が連携して、広く国民に呼びかけています。

■「プロ野球クールシェア月間」の展開概要

8月1日~31日に開催されるレギュラーシーズンの期間を、「プロ野球クールシェア月間」として設定し、下記施策を通じてクールシェアおよび「COOL CHOICE」の取組を呼び掛けます。


[期  間]

8月1日(土)~8月31日(月) 全143試合(予定)


[施策内容]

①各球団から選手1名による「クールシェアの取組メッセージビデオ」を制作し、期間中、フランチャイズ球場のビジョンで放映

②8月上旬(予定)より、上記選手出演「クールシェアの取組メッセージビデオ」を再編集したものを、YouTube内の環境省公式動画チャンネルにて放映

 [YouTube 環境省動画チャンネル]  https://www.youtube.com/user/kankyosho

③各球団フランチャイズ球場に「クールシェア」の取組ポスターの掲出

④NPB(一般社団法人日本野球機構)では、特に8月18日~31日を「クールシェア強化期間」として、本期間中におけるレギュラーシーズンの公式戦の来場者1人につき1円を、環境貢献活動のために寄付する。


◆メッセージビデオ出演選手

パシフィック・リーグ

福岡ソフトバンクホークス

柳田 悠岐

オリックス・バファローズ

伊藤 光 

北海道日本ハムファイターズ

大野 奨太

千葉ロッテマリーンズ

岡田 幸文

埼玉西武ライオンズ

牧田 和久

東北楽天ゴールデンイーグルス

則本 昂大

セントラル・リーグ

読売ジャイアンツ                                       

村田 修一

阪神タイガース

上本 博紀

広島東洋カープ

梵 英心

中日ドラゴンズ

大島 洋平

横浜DeNAベイスターズ

筒香 嘉智    

東京ヤクルトスワローズ

森岡 良介

◆ポスタービジュアル

NPBのポスター

連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課国民生活対策室
(代表:03-3581-3351)
(直通:03-5521-8341)
室長補佐 :長谷川 学(内:6725)
係  長 :河原  徹(内:6792)
担  当 :小島 聡菜(内:6794)

ページ先頭へ