報道発表資料

平成27年7月14日
地球環境
この記事を印刷

中東欧地域環境センター(REC)共催による「低炭素技術セミナー」の開催結果について(お知らせ)

環境省と中東欧地域環境センターは、平成27年7月6日及び7日、ハンガリー共和国センテンドレにおいて、「低炭素技術セミナー」を開催しました。
本セミナーでは、中東欧地域の低炭素技術の普及に関する見通しや課題等を共有するとともに、市場メカニズムを利用した国際的な低炭素化推進のツールの一つである二国間クレジット制度(Joint Crediting Mechanism:JCM)について、制度概要、具体的事例、適用技術等を紹介し、参加者からは前向きな関心が寄せられました。

1.会合概要

  日程:2015年7月6日(月)~7日(火)

  主催(順不同):日本国環境省、中東欧地域環境センター(Regional Environmental Center: REC)

  開催場所:REC本部(ハンガリー共和国センテンドレ)

参加者:中東欧、南東欧諸国及び国際機関の担当官等約20名

2.結果概要

・ 中東欧の出席者から、同地域におけるエネルギーの状況、再生可能エネルギーに焦点を置いた最新の技術 の普及状況等について発表されるとともに、政策における低炭素技術導入の重要性及び課題並びに利用可能なファイナンス及び技術支援等について紹介されました。

・ 日本からは、JCMについて、同制度のスキームや現時点での署名国、資金支援事業の概要、プロジェクトの登録状況とともに、JCMで採択された方法論や具体的事例・適用技術、低炭素社会構築のための都市間連携の取組事例について紹介しました。また、アジア開発銀行からは、同行の気候変動ファイナンスの概要とともに、JCMに関する基金や適用プロジェクトについて共有されました。本セミナーを通じて、JCMについて、概念及び経験の共有を中東欧諸国と図るとともに、議論の中で前向きな関心を参加者から得ることができました。

【参考】 REC概要:

RECは、中東欧地域の民主化推進の手段として、環境問題に対する取り組みを目的として1990年にハンガリーに設立された準国際機関です。中東欧地域17カ国の環境保全に向けて多数のプログラムを実施しています。RECは、環境政策の決定時における情報交換や公衆の関与を通じ、政府、NGO、企業や他環境関連団体間の協力推進を使命としています。

添付資料

連絡先
環境省地球環境局国際連携課国際協力室
代表:03-3581-3351
直通:03-5521-8248
室   長: 木 野 修 宏 (内線:6765)
室 長 補 佐: 山 我 哲 平 (内線:6764)
担   当: 植 松 朋 樹 (内線:6708)
環境省地球環境局温暖化対策課市場メカニズム室
室 長 補 佐: 伊 藤 貴 輝(内線:6728)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ