報道発表資料

平成27年6月11日
自然環境
この記事を印刷

第5回「国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)」の開催について(お知らせ)

「国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)」の第5回委員会が、6月18日(木)に開催されますので、お知らせします。中間年をむかえ、2020年に向けた取り組みについて議論を行います。

 2011年から2020年までの10年間は、国連の定めた「国連生物多様性の10年」です。生物多様性条約第10回締約国会議(2010.10愛知県名古屋市)で採択された、「愛知目標」の達成に貢献するため、国際社会のあらゆるセクターが連携して生物多様性の問題に取り組むこととされています。

 これを受け、国内では、愛知目標の達成を目指し、国内のあらゆるセクターの参画と連携を促進し、生物多様性の保全と持続可能な利用に関する取組を推進するため、「国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)」が2011年9月に設立されました。環境省はUNDB-Jの事務局を務めています。

 これまで、愛知目標に向けて各委員が、それぞれの取組について情報交換等を行ってきたところです。中間年を迎えた今年は、各委員が意見を持ち寄り、今までの経験を生かして、2020年に向けてどのように後半の取組を充実させるかを検討することを目的に、望月環境大臣(予定)、榊原委員長(一般社団法人日本経済団体連合会 会長)の出席の下、第5回委員会が開催されます。

     1.日時  平成27年6月18日(木)16:00~18:00

     2.場所  金融庁共用第2特別会議室(中央合同庁舎7号館12階)

     3.議事次第

       (1)開会

       (2)挨拶                   

         環境省挨拶(望月環境大臣)(予定)

         委員長挨拶(榊原経団連会長)

       (3)議事

         ①平成26年度事業の実施結果について            

         ②平成27年度事業の実施計画について    

         ③委員からの取組等の紹介         

         ④中間評価について         

         ⑤その他                 

       (4)閉会

<取材のお申し込み先>

 国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)事務局

 一般社団法人環境パートナーシップ会議(EPC) 担当:島田、片岡

 ・電子メール:shimada@epc.or.jp

 ・TEL:03-5468-8405

 ・FAX:03-5468-8406

※取材を希望される報道関係者の方は、6月15日(月)15:00までに御連絡ください。なお、カメラ撮影については、会議の冒頭挨拶までとさせていただきます。

※当日は身分を証明できるもの(社員証、免許証など)を持参してください。係員が確認を行うことがありますので、あらかじめ御了承ください。

<参考>

○国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)ホームページ

http://undb.jp/

連絡先
環境省自然環境局自然環境計画課生物多様性施策推進室
代  表:03-3581-3351
直  通:03-5521-8150
室  長:堀上 勝  (内:6661)
室長補佐:岡野 隆宏 (内:6481)
担  当:笠岡 真衣 (内:6664)

ページ先頭へ