報道発表資料

平成27年6月3日
自然環境
この記事を印刷

「生物資源の安定調達と国際ルールの遵守」に関するシンポジウムの開催について(お知らせ)

概要

 本年2015年は国連が定めた「国連生物多様性の10年」(2011年~2020年)の折り返しの年にあたり、愛知目標の達成に向け、様々な取組みを加速することが求められています。

 環境省では、「国連生物多様性の10年日本委員会」(UNDB-J)等と連携し、生物多様性の主流化に取組んでおり、今般、生物資源の安定調達をテーマに、民間参画促進のためのシンポジウムを開催いたしますので、お知らせします。

(※申込者多数のため受付を終了しました。)

詳細

1.開催要領等

 日 時:平成27年6月30日(火)14時~(13時30分受付開始)

 場 所:東京ウィメンズプラザ B1Fホール(東京都渋谷区神宮前5丁目53−67)

 定 員:150名程度(申込者多数の場合は先着順)

 参加費:無料

 主 催:環境省、一般社団法人環境パートナーシップ会議(EPC)

 協 力:地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)

2.内容(予定)

 ○主催者挨拶 北村茂男環境副大臣(予定)

 ○基調講演「原材料調達における生物多様性への配慮~味の素グループの取組み事例~」

       國本裕 味の素株式会社副社長執行役員

          /一般社団法人企業と生物多様性イニシアティブ(JBIB)副会長

 ○基調報告

  ①「学術研究と生物多様性条約」

   森岡一 大学共同利用機関法人国立遺伝学研究所知的財産室チームリーダー

  ②「これまでの企業等への支援の取組み」

   炭田精造 一般財団法人バイオインダストリー協会生物資源総合研究所技術顧問

 ○パネルディスカッション

  ・パネリスト

   足立直樹氏(ファシリテーター)(株式会社レスポンスアビリティ代表取締役

         /一般社団法人企業と生物多様性イニシアティブ(JBIB)事務局長)

   二村聡氏(株式会社ニムラ・ジェネティック・ソリューションズ代表取締役)

   長澤誠氏(株式会社フルッタフルッタ代表取締役)

   坂本有希氏(一般財団法人地球・人間環境フォーラム企画調査部長)

   堀上勝(環境省生物多様性施策推進室長)

  ・パネルディスカッション

   テーマ「生物多様性と原材料調達リスクの管理(仮)」

  ・会場参加者との意見交換

 ○閉会(16時30分目途)

3.参加申し込み

 申込者多数のため受付を終了しました。

 【※報道関係者の方へ】

  ・取材ご希望の方も同様に上記申込先までご登録下さい。

  ・当日は受付にて記者証をご提示いただきますようお願いします。

  ・撮影に際しては、自社腕章を携帯していただくようお願いします。

4.問い合わせ先

  一般社団法人環境パートナーシップ会議(EPC)(勉強会担当):星野、尾山

  〒150-0001東京都渋谷区神宮前5-53-67コスモス青山B1F

  TEL: 03-3407-8107

連絡先
環境省自然環境局自然環境計画課
生物多様性施策推進室
代表:03-3581-3351
直通:03-5521-8150
担当:柴田、山本(内線6487)

ページ先頭へ