報道発表資料

平成27年5月18日
地球環境
この記事を印刷

日・サウジアラビア間の二国間クレジット制度の構築について(お知らせ)

 5月13日(現地時間同日)、奥田紀宏駐サウジアラビア大使とアブドゥルアジーズ石油鉱物資源副大臣(殿下)(His Royal Highness Prince Abdulaziz Bin Salman Bin Abdulaziz, Vice Minister of Petroleum and Mineral Resources)との間で、二国間クレジット制度の構築について一致しました。
 我が国としては、サウジアラビアとの二国間クレジット制度を通して、サウジアラビア国内における温室効果ガス排出削減に協力することにより、地球規模での温暖化防止を推進していきます。

二国間文書の概要

○ 日・サウジアラビア間のグリーン成長への取組の推進のため、両国は二国間クレジット制度(JCM)を創設し、JCMを運用するため、合同委員会を設置する。

○ 双方はJCMの下での排出削減及び吸収量を、国際的に表明したそれぞれの温室効果ガス緩和努力の一部として使用できることを相互に認める。

○ JCMの透明性及び真の排出削減を確保し、これを他の国際的な緩和メカニズムには使用しない。

※二国間文書の詳細については別添をご参照ください。


(参考)

二国間クレジット制度は、途上国への温室効果ガス削減技術、製品、システム、サービス、インフラ等の普及や対策を通じ、実現した温室効果ガス排出削減・吸収への日本の貢献を定量的に評価し、日本の削減目標の達成に活用するもの。サウジアラビアとの署名により、二国間クレジット制度が正式に開始される国としては、モンゴル、バングラデシュ、エチオピア、ケニア、モルディブ、ベトナム、ラオス、インドネシア、コスタリカ、パラオ、カンボジア、メキシコに続き13か国目となります。

(参考サイト http://mmechanisms.org/initiatives/index.html

(添付資料)

日・サウジアラビア間の二国間クレジット制度に関する二国間文書(英語)

日・サウジアラビア間の二国間クレジット制度に関する二国間文書(仮訳)

添付資料

連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課市場メカニズム室
代表:03-3581-3351 直通:03-5521-8354 
室長   :川上 毅  (内線 7716)
国際企画官:水野 勇史 (内線 6757)
室長補佐 :伊藤 貴輝 (内線 6728)
担当   :鳥居 直樹 (内線 6796)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ