報道発表資料

平成27年4月16日
自然環境
この記事を印刷

第2回 国立・国定公園内の地熱開発に係る優良事例形成の円滑化に関する検討会の開催について

 地熱発電は、再生可能エネルギーの中でもベースロード電源として期待される一方で、景観の保護や利用、生物多様性の保全が図られている国立・国定公園の区域と重なる場合が多いために、自然環境との調和が図られることが重要です。
 環境省では、平成24年に新たな通知を発出し、国立・国定公園の特別地域内において自然環境と調和した優良事例の形成について検証することとしました。それを受けて、各地で国立・国定公園内における新たな地熱発電事業について調査・検討が進められています。
 このたび、環境省では自然環境と調和した地熱開発のより一層の促進を図るための考え方等を整理し、優良事例形成の円滑化に資することを目的として、検討会を設置し、平成27年3月20日に第1回委員会を開催しました。
 今回第2回の検討会を平成27年4月23日に開催することになりましたので、お知らせします。委員会は公開で行います。

1.第2回 国立・国定公園内の地熱開発に係る優良事例形成の円滑化に関する検討会

 ○開催日時 平成27年4月23日(木) 10時00分より(2時間程度)

 ○開催場所 東京都千代田区霞が関1-2-2 環境省共用第7会議室(5階 国会側)

 ○議題 (1)優良事例形成の円滑化に向けた考え方について

     (2)その他の課題等について

2.委員会の傍聴

 本委員会は公開です。傍聴をご希望の方は、氏名・所属・住所・電話番号・FAX番号・E-mailアドレスをFAX又はE-mailにて、平成27年4月20日17:00(期日厳守)までに、以下の連絡先までお申し込みください。

※一般傍聴定員:60名程度(定員を超えた場合は抽選とさせていただきます。傍聴受付の結果は4月22日13:00までにFAX又はメールにて返信します。) 

※当日取材を希望される報道関係者につきましても、同様にお申し込みください。また、カメラ撮りを希望される場合、その旨も併せてご登録をお願いします。(カメラ撮りについては、会議の冒頭のみでお願いします。また、必ず、自社腕章を携帯願います。)

※申し込みの際にいただいた個人情報は、環境省保有個人情報管理規程に基づいて取扱い、「第2回 国立・国定公園内の地熱開発に係る優良事例形成の円滑化に関する検討会」傍聴者の管理以外に使用することはありません。

(連絡先:請負者)

株式会社プレック研究所

 環境共生担当 伊藤敦基

〒102-0083 東京都千代田区麹町3-7-6

Tel:03-5226-1106 Fax:03-5226-1114

E-mailchinetu@prec.co.jp

連絡先
環境省自然環境局国立公園課
(代表:03-3581-3351)
(直通:03-5521-8277)
課長  :岡本 光之 (内:6440)
課長補佐:河野 通治 (内:6650)
課長補佐:泉  光博 (内:6443)
係長  :浜  一朗 (内:6445)

ページ先頭へ