報道発表資料

平成27年3月20日
水・土壌
この記事を印刷

東京湾環境一斉調査について~調査結果報告書を公開しました~(お知らせ)

平成26年度の東京湾環境一斉調査は、平成26年9月3日(水)を基準日として実施され、多くの機関に参加いただきました。このたび、調査結果をとりまとめた報告書を東京湾再生推進会議ホームページ上に公開いたしましたので、お知らせします。

今年度の環境調査は、天候不良に伴い8月から9月へ延期となったものの、ほぼ平年並みの141機関の皆様にご参加いただき、溶存酸素量(DO)等の調査を行いました。調査結果の概要は資料1のとおりでした。

また、生物調査は10件報告があり、植物プランクトンからアサリ等の二枚貝、ハゼ等の魚類に至るまで多様な調査が実施されました。

環境啓発活動等のイベントは19件の実施報告があり、水辺の自然に親しみを持ってもらうことを目的としたイベントが多く報告されました。

【平成26年度東京湾環境一斉調査報告書掲載場所】
http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KANKYO/TB_Renaissance/Monitoring/General_survey/index2014.htm

平成26年度東京湾環境一斉調査の結果概要は以下のとおりです。

1.実施内容

①環境調査

  • ・実施日 平成26年9月3日(水)を調査基準日とし、調査基準日を含む数日間を中心に実施。

    (全ての調査は平成26年7月30日から9月24日の間に実施。)

    ※当初8月6日(水)に予定していたところ、天候不良のため9月に延期

  • ・調査内容 東京湾の海域又は流域河川において、下記の項目等の調査を実施。

    【海域】共通項目:溶存酸素量(DO)、水温、塩分

    推奨項目:透明度

    【陸域】共通項目:化学的酸素要求量(COD)、水温、流量

    推奨項目:溶存酸素量(DO)

  • ・参加機関数 141機関

②生物調査データ収集

  • ・実施期間 平成26年5月~10月にかけて実施
  • ・調査内容 底生生物、魚類など各参加機関が実施する生物調査データを収集
  • ・参加機関数 9機関
  • ・生物調査結果・データ報告数 10件

③環境啓発活動等のイベントの実施

  • ・実施期間 平成26年4月~12月にかけて実施
  • ・活動内容 水質改善等に関する普及啓発活動を含むイベントの実施
  • ・参加機関 17機関
  • ・イベントの実施件数 19件

2.環境調査の結果

資料2のとおり。

3.問い合わせ先

東京湾再生推進会議モニタリング分科会事務局

 海上保安庁海洋情報部環境調査課

  難波江(なばえ)・森岡(もりおか) 03-5500-7153 

 環境省水・大気環境局水環境課閉鎖性海域対策室

  山田(やまだ)  03-5521-8320

九都県市首脳会議環境問題対策委員会水質改善専門部会平成26年事務局

 神奈川県環境農政局環境部大気水質課

  工藤(くどう)  045-210-4123

東京湾岸自治体環境保全会議平成26年度事務局

 千葉市環境局環境保全部環境規制課

  石井(いしい) 043-245-5194

東京湾再生官民連携フォーラムモニタリングPT

  古川(ふるかわ) 03-5404-6805

添付資料

連絡先
環境省水・大気環境局水環境課閉鎖性海域対策室
直通  :03-5521-8320
代表  :03-3581-3351
室長  :根木 桂三(内線6502)
室長補佐:石川 拓哉(内線6503)
係長  :山田 和成(内線6506)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ