報道発表資料

平成27年3月12日
廃棄物
この記事を印刷

平成25年度末における浄化槽の設置状況等について(お知らせ)

浄化槽の設置状況等の現状の的確な把握及び今後の浄化槽関連行政の基礎的な資料とするために、平成25年度における浄化槽の設置状況、法定検査受検状況等について調査を行い、その結果が取りまとまりましたので公表します。

1.浄化槽の設置状況

(1)浄化槽の設置基数

浄化槽の設置基数は、平成25年度末時点で以下のとおりである(資料1)。

設置基数

平成24年度末時点からの増減

全設置基数

7,702,139基

56,847基減

うち合併処理浄化槽

3,333,623基

106,189基増

うち単独処理浄化槽

4,368,516基

163,036基減

 なお、浄化槽法の改正により、平成13年度以降は単独処理浄化槽の設置が原則禁止されるとともに、単独処理浄化槽を使用する者は、これを合併処理浄化槽に転換するよう努めなければならないとされている。

(2)合併処理浄化槽の新規設置基数

平成25年度に新たに設置された合併処理浄化槽の設置基数は142,693基である。(資料2、3)

(3)高度処理型浄化槽の設置状況

高度処理型浄化槽の新規設置基数及び設置基数は、平成25年度末時点で以下のとおりである(資料2)。

○高度処理型浄化槽の設置基数

処理性能

設置基数

合併処理浄化槽の

総数に占める割合

BOD濃度20mg/l以下(除去率90%)

+全窒素濃度20mg/l

600,732基

18.0%

BOD濃度20mg/l以下(除去率90%)

+全窒素濃度20mg/l+全燐濃度1mg/l

8,087基

0.2%

BOD濃度5mg/l以下(除去率97%)

5,863基

0.2%

○高度処理型浄化槽の新規設置基数

処理性能

設置基数

新設合併処理浄化槽に

占める割合

BOD濃度20mg/l以下(除去率90%)

+全窒素濃度20mg/l

101,224基

70.9%

BOD濃度20mg/l以下(除去率90%)

+全窒素濃度20mg/l+全燐濃度1mg/l

814基

0.6%

BOD濃度5mg/l以下(除去率97%)

181基

0.1%

(4)人槽別の浄化槽設置割合

 浄化槽の人槽別の設置割合は以下のとおりである(資料4)。

人槽規模別

設置割合

設置基数

5~20人槽

90.7%

6,984,374基

21~200人槽

8.7%

666,278基

201人槽~

0.7%

51,487基

2.浄化槽の維持管理の状況

(1)浄化槽法第7条に基づく浄化槽の使用開始後の水質検査

平成25年度における浄化槽の使用開始後の水質検査(以下「7条検査」という。)の受検率は90.4%である。平成24年度に比べて0.7ポイント増加となっている(資料3、5)。

 都道府県別にみると、多くの都道府県が100%及びそれに近い受検率であるが、千葉県(61.8%)、神奈川県(62.2%)、静岡県(68.8%)などで受検率が全国平均を大きく下回っている(資料3)。 

※7条検査は、主に浄化槽の設置工事の適否及び浄化槽の機能状況を早い時期に確認するために行うものであり、浄化槽管理者は浄化槽の使用開始後3ヶ月を経過した日から5ヶ月以内に受検することになっている。

(2)浄化槽法第11条に基づく定期検査

平成25年度における定期検査(以下「11条検査」という。)の受検率は36.3%(合併処理浄化槽のみでは55.4%)と平成24年度に比べて1.7ポイント増加(合併処理浄化槽のみでは2.0ポイント増加)している(資料3、5、6)。

各都道府県の11条検査受検率上位及び下位5府県については、以下のとおりである(資料7)。

11条検査受検率の上位5県

11条検査受検率の下位5府県

①岩手県(90.0%)

①沖縄県( 6.9%)

②岡山県(89.5%)

②大阪府( 7.3%)

③岐阜県(89.1%)

③千葉県( 7.7%)

④宮城県(85.3%)

④山梨県( 8.5%)

⑤長崎県(82.5%)

⑤埼玉県(10.3%)

※11条検査は、主に保守点検及び清掃が適正に実施され、浄化槽の機能が正常に維持されているか否かを判断するために行うものであり、毎年1回行うことになっている。

3.浄化槽関係業者数

 浄化槽に関係する業者数は、平成25年度末時点で以下のとおりである(資料8、9)。

  • ・浄化槽工事業者登録数 29,952業者
  • ・浄化槽保守点検業者登録数 12,500業者
  • ・浄化槽清掃業者許可数 5,193業者

※ 詳細なデータは

「浄化槽行政組織等調査(浄化槽サイト http://www.env.go.jp/recycle/jokaso/)」に掲載している。

添付資料

連絡先
環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部廃棄物対策課浄化槽推進室
代表 : 03-3581-3351
直通 : 03-5501-3155
企画官: 水 谷  好 洋(6861)
担当 : 藤 村  紘 行(6865)
担当 : 北 山  幸 平(6865)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ