報道発表資料

平成27年2月20日
自然環境
この記事を印刷

「鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律の一部を改正する法律の施行に伴う環境省関係省令の整備に関する省令」の公布及び省令案に対する意見の募集(パブリックコメント)の結果について(お知らせ)

1.概要

 「鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律の一部を改正する法律」(平成26年法律第46号。以下「改正法」という。)が第186回通常国会において成立し、平成26年5月30日に公布され、平成27年5月29日に施行されます。

 本省令は、改正法の施行に伴い、鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律施行規則(平成14年環境省令第28号)その他の環境省関係省令について、所要の規定の整備を行うものです。

2.改正の概要(詳細は別添1~3のとおり)

  1. (1)指定管理鳥獣(集中的かつ広域的に管理を図る必要があるとして環境大臣が定める鳥獣)をニホンジカ及びイノシシとすること。
  2. (2)指定管理鳥獣捕獲等事業の実施に係る条件(委託可能な法人の要件、鳥獣の放置が認められる場合の要件、夜間銃猟の確認事項等)や諸手続き等について規定。
  3. (3)認定鳥獣捕獲等事業者の認定基準や諸手続き等を規定。(別添3参照)
  4. (4)住居集合地域等における麻酔銃猟の許可申請に係る諸手続き等を規定。
  5. (5)その他の環境省令について、所要の規定の整備を行うもの。

3.施行日

改正法の施行の日(平成27年5月29日)

4.意見募集(パブリックコメント)の結果(詳細は別添4のとおり)

(1)意見募集期間 

   平成26年10月14日(火)~平成26年11月12日(水)

(2)意見募集結果

  • ・意見提出者数     30人
  • ・提出された意見数  128件  

添付資料

連絡先
環境省自然環境局野生生物課鳥獣保護業務室
代表       :03-3581-3351
直通       :03-5521-8285
鳥獣保護管理企画官:堀内 洋 (内線6470)
室長補佐     :東岡 礼治(内線6475)
専門官      :山崎 麻里(内線6474)
担当       :川瀬 翼 (内線6675)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ