報道発表資料

平成27年3月17日
総合政策
この記事を印刷

「風力発電等に係る地域主導型の戦略的適地抽出手法の構築事業」に係るモデル地域の選定結果について(お知らせ)

 環境省では、地域(地方公共団体)の主導により風力発電等に係る事業者の事業計画の推進と環境配慮の両面から適地を抽出する手法の構築を目指すこととしています。
 このたび、風力発電に係る適地抽出を実践するモデル地域を4地域選定しましたので、お知らせいたします。

1.概要

 環境省は、地域(地方公共団体)の主導により、先行利用者との調整や各種規制手続の事前調整等を図り、また、必要な環境情報の収集等によりそれらと一体的に環境影響評価手続を進めることで、事業者の事業計画の推進と環境配慮の両面から「風力発電等の適地」を抽出する手法の構築を目指すこととしています。

 このたび、同事業の一環として、実際に風力発電の適地抽出を実践するモデル地域を地方公共団体から公募したところ、6地域から応募がありました。

 有識者による審査委員会で審査した結果、応募があった地域の中から4地域をモデル地域として選定しました。

 各モデル地域においては、平成27年度予算成立後に、環境省との委託契約を経て、適地の抽出に向けてモデル事業に着手することとなります。

2.公募期間

 平成27年2月3日(火) ~ 平成27年3月3日(火)

3.選定モデル地域

申請者(共同提案者)

種別・規模

岩手県

(岩手県洋野町)

洋上(着床式):洋野町沖合海域

200,000kW(5,000kW×40基)

福岡県北九州市

洋上(着床式):北九州市若松区響灘沖

200,000kW(5,000kW×40基)

500,000kW(5,000kW×100基)

長崎県五島市

(戸田建設(株))

洋上(浮体式):五島市崎山沖・黄島沖

22,000kW(2,000kW×11基)

500,000kW(5,000kW×100基)

鳥取県

(SBエナジー(株))

陸上:鳥取県東伯郡北栄町

30,000kW(3,000kW×10基)

連絡先
環境省総合環境政策局環境影響評価課
直通  :03-5521-8236(内線6239)
代表  :03-3581-3351
課長  :大森 恵子(内線6230)
課長補佐:福嶋 慶三(内線6239)
係長  :中村 祥 (内線6234)
担当  :後藤 和也(内線6239)

ページ先頭へ