報道発表資料

平成27年3月6日
大臣官房
この記事を印刷

環境月間メインイベント「エコライフ・フェア2015」へのブース出展者を募集します!

6月は「環境月間」です!環境省は環境月間のメインイベントとして今年も「エコライフ・フェア2015」を6月6日(土)、7日(日)に都立代々木公園ケヤキ並木・イベント広場(東京都渋谷区)で開催します。
今回のテーマは"この美しい地球を守りたい"。
環境問題について「気づき」から「行動」へと導くことをコンセプトとした本イベントは、環境問題を身近な視点から理解でき、一人一人が行うべき取組を分かりやすく解説するブース展示やステージ企画などにより、最大8万人規模の来場者を集める環境省主催の最大イベントです。
このたび、ブース出展者(企業・団体、NGO・NPO)の募集を開始しました(4月3日(金)まで)。是非御出展ください!

1.「エコライフ・フェア2015 」詳細

エコライフ・フェアは、毎年6月の環境月間に全国各地で展開する様々な行事の中の主たる行事の一つとして1990年以来、環境省、関係地方公共団体、関連法人、業界団体、企業及びNGO・NPOが連携し実施しています。

本年も、「低炭素社会」「自然共生社会」「循環型社会」「東日本大震災からの復旧復興」等の環境問題に焦点を当て、人々を理解・意識の段階から実際の行動へと導くきっかけとなる場を提供し、我々のライフスタイルや経済社会活動を環境にやさしいものとすることを目指して以下のとおり開催します。

日時:6月6日(土)11:00~17:00、7日(日)10:00~17:00

会場:東京都渋谷区都立代々木公園(ケヤキ並木及びイベント広場を予定)

主催:環境省

予想来場者数:80,000人(見込み)

(詳細は、エコライフ・フェア2015開催の基本的な方針(別添1)を参照)

※環境省、企業・団体、NGO・NPOなど環境問題に取り組む方々が一堂に会するこの機会に是非御出展ください。

※エコライフ・フェア2015の詳細については、順次、公式ホームページ(http://ecolifefair.env.go.jp/)等によってお知らせします。

2.ブース出展者の募集

(1)募集概要

①募集対象

「エコライフ・フェア2015 開催の基本的な方針」(別添1)に御賛同いただける団体とし、企業・団体、NGO・NPOの2区分で募集します。

②募集団体数

企業・団体区分:25団体程度

NGO・NPO区分:20団体程度 を予定しています。

③募集出展の場所

都立代々木公園ケヤキ並木及びイベント広場を予定しています。それぞれテントにて御出展いただきます。

(2)企業・団体 出展

①出展スペースの広さ・出展費用

広さ:25.92㎡(1小間)

費用:270,000円(税込)

広さ:19.44㎡(1小間)

費用:181,440円(税込)

(詳細は、[企業/団体ブース出展募集要項](※1)を御参照ください)

②募集期間

3月6日(金)~4月3日(金)

③申し込み方法

出展を御希望の団体の方は、エコライフ・フェア2015開催の基本的な方針(別添1)及び[企業/団体ブース出展募集要項](※1)に記載している内容を承諾のうえ、下記お問い合わせ先にメール又はFAXでお申し込みください。

内容について御不明の点がある場合には、下記問い合わせ先に御連絡ください。

(3)NGO・NPO出展

①出展スペースの広さ・出展費用

広さ:9.72㎡(1小間)

費用:12,960円(税込)

(詳細は、[NGO/NPOブース出展募集要項](※2)を御参照ください)

②募集期間

3月6日(金)~ 4月3日(金)

③申し込み方法

出展を御希望の団体の方は、エコライフ・フェア2015開催の基本的な方針(別添1)及び[NGO/NPO出展募集要項](※2)に記載している内容を承諾のうえ、下記お問い合わせ先までメール又はFAXでお申し込みください。

内容について御不明の点がある場合には、下記問い合わせ先に御連絡ください。

3.募集に関するお問い合わせ

エコライフ・フェア2015運営事務局((株)JTBコミュニケーションズ内)

(TEL:03-5434-8766 FAX:050-3730-7090 E-mail:2015eco@jtbcom.co.jp)

参照:(※1、2)http://ecolifefair.env.go.jp/2015/syutenbosyu.html

添付資料

連絡先
環境省大臣官房政策評価広報課広報室
直通:03-5521-8213
代表:03-3581-3351
室長:田中 良典(内線6081)
係長:竹内 志乃(内線6085)
担当:押田 崇之(内線6086)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ