報道発表資料

平成27年1月30日
水・土壌
この記事を印刷

「水質汚濁防止法に基づく排出水の排出、地下浸透水の浸透等の規制に係る項目の許容限度等の見直しについて(報告案)」に対する意見の募集(パブリックコメント)について(お知らせ)

 中央環境審議会水環境部会排水規制等専門委員会では、「水質汚濁防止法に基づく排出水の排出、地下浸透水の浸透等の規制に係る項目の許容限度等の見直しについて(報告案)」を取りまとめました。
 本報告案について広く国民の皆様の御意見をお聴きするため、平成27年1月30日(金)から3月2日(月)までの間、意見の募集(パブリックコメント)を実施いたします。

1.背景

 公共用水域及び地下水の水質汚濁に係る人の健康の保護に関する環境基準の項目であるトリクロロエチレンについては、新たな知見を踏まえ、平成26年11月に基準値の変更が行われました。このような状況を踏まえ、平成26年12月8日、環境大臣は中央環境審議会会長に対して、「水質汚濁防止法に基づく排出水の排出、地下浸透水の浸透等の規制に係る項目の許容限度等の見直し」について諮問しました。

 この諮問は、同審議会水環境部会に付議され、同部会に設置された排水規制等専門委員会において平成26年12月16日から検討を行い、今般、別添のとおり報告案をとりまとめましたので、本案について、広く国民の皆様からの御意見をお聴きするため、パブリックコメントを実施いたします。当専門委員会においては、頂いた御意見を考慮し、報告書を最終的に取りまとめる予定です。

2.意見提出

募集期間:平成27年1月30日(金)から3月2日(月)

提出方法:意見募集要項参照

連絡先
中央環境審議会水環境部会
排水規制等専門委員会事務局

環境省水・大気環境局水環境課
直通:03-5521-8313
代表:03-3581-3351
課長:二村 英介(内線6610)
課長補佐:吉村 陽(内線6615)
担当:重森 俊一(内線6629)

環境省水・大気環境局土壌環境課地下水・地盤環境室
直通:03-5521-8309
室長補佐:袖野 玲子(内線6604)
担当:大河原弘樹(内線6607)

ページ先頭へ