報道発表資料

平成27年1月16日
総合政策
この記事を印刷

平戸南風力発電事業に係る環境影響評価準備書に対する環境大臣意見の提出について(お知らせ)

 環境省は、16日、長崎県で実施予定の「平戸南風力発電事業」(グリーンパワー株式会社)に係る環境影響評価準備書に対する環境大臣意見を経済産業大臣に提出した。
 本事業は、長崎県平戸市津吉町、田代町、前津吉町、船木町、大川原町、敷佐町及び上中津良町において、総出力34,000kWの風力発電設備を設置するものである。
 環境大臣意見では、近隣住民の生活環境、希少な動植物の生息・生育環境、西海国立公園等の主要な眺望点からの景観に対する影響が強く懸念される風力発電設備及び取付道路について、配置の変更又は設置の取りやめを求めるとともに、その上で騒音等の影響を回避・低減するため低騒音型の風力発電設備の採用や稼働時間の調整等の適切な環境保全措置を講ずることを求めている。

1.背景

 環境影響評価法及び電気事業法は、出力10,000kW以上の風力発電所の設置又は変更の工事を対象事業としており、環境大臣は、事業者から提出された環境影響評価準備書(※)について、経済産業大臣からの照会に対して経済産業大臣に意見を言うことができるとされている。
 本件は、グリーンパワー株式会社の「平戸南風力発電事業」に係る環境影響評価準備書について、この手続に沿って意見を提出するものである。
 今後、事業者は、環境大臣及び関係自治体の長の意見を受けた経済産業大臣勧告を踏まえ、法に基づく環境影響評価書の作成等の手続が求められる。

※環境影響評価準備書:環境影響評価の結果について環境の保全の見地からの意見を聴くための準備として、調査、予測及び評価、環境保全対策の検討を実施した結果等を示し、環境の保全に関する事業者自らの考え方を取りまとめた文書。

2.事業の概要

 本事業は、長崎県平戸市津吉町、田代町、前津吉町、船木町、大川原町、敷佐町及び上中津良町に、総出力34,000kW(2,000kW×17基)の風力発電設備を新設するものである。
 本事業の対象事業実施区域においては、ミサゴやハヤブサ等の希少な猛禽類の生息、ハチクマやアカハラダカ、ナベヅル等の大規模な渡り、ノヒメユリやカゲロウラン等の希少な植物の生育が確認されている。また、人と自然との触れ合いの活動の場である九州自然歩道が存在するほか、周辺地域は西海国立公園に指定されている。

3.環境大臣意見の概要

(1)総論

 下記の風力発電設備及び取付道路について、配置の変更又は設置の取りやめにより影響を回避又は極力低減すること。ただし、③については影響を回避すること。

  ①風車の影

  •    ・風車の影による近隣住居への影響が懸念されるもの

  ②動物

  •    ・ハチクマの渡りのルートとして重要な地域に存在し、風車の供用によりバードストライクや移動阻害への影響が懸念されるもの

  ③植物

  •    ・重要な種であるノヒメユリについて、これらの株を改変により直接消失させると予測されているもの

 (2)各論

  「(1)総論」に記載の措置を講じた上で、以下の措置を講ずること。

  [1] 騒音について

 静穏な環境を要する夜間において近隣住居への影響が懸念される風力発電設備について、配置の変更等により影響を回避又は低減すること。この他の風力発電設備については、低騒音型の風力発電設備の採用等の環境保全措置を講ずること。
 また、事後調査の結果に応じ、稼働時間の調整等の追加的な環境保全措置を講ずること。

  [2] 風車の影について

 事後調査の結果に応じ、稼働時間の調整等の追加的な環境保全措置を講ずること。

 [3] 動物への影響について

 本事業の方法書における注目すべき生息地に関する調査、予測及び評価を行い、その結果に応じて配置の検討等の環境保全措置を講ずるとともに、その内容を評価書に記載すること。
 また、これまでに実施した調査結果及び専門家等の助言を踏まえ、工事期間中の環境モニタリング及び供用後の事後調査を実施すること。なお、事後調査等において、重大な影響が認められた場合には、専門家等の助言も踏まえ、風力発電設備の稼働停止等の追加的な環境保全措置を講じ、その内容等を公表すること。
 この他、事後調査により鳥類の誘引等が判明した場合には、専門家等の助言を踏まえて、適切な環境保全措置を講ずること。併せて、死亡・傷病個体の確認を高い頻度で適切に実施し、原因の分析及び傷病個体の救命を行うため、関係機関と連絡・調整、個体の搬送、原因分析への協力を行うこと。

 [4] 植物への影響について

 工事着手前にノヒメユリ、カゲロウラン等の生息状況を再確認し、可能な限り影響の回避に努めること。また、やむを得ず代償措置として、これらの種の移植を実施する際には、移植方法及び移植先の選定が移植の成否を決める重要な要素となるため、専門家等の助言を踏まえ慎重に実施するとともに、その結果及び経過等を公表すること。

 [5] 生態系への影響について

 既存の道路や作業ヤード等を活用し、生物多様性の保全上重要な尾根筋、沢筋の森林の伐採、地形の改変等を最小限に抑えるとともに、新たな道路の設置が必要な場合には、森林管理者と調整し、森林施業に供する林道との重複的な改変を回避すること。

 [6]景観への影響について

 ランドマークとなっている白岩岳の周囲に計画されている風力発電設備及び、九州自然歩道の展望所からの垂直見込角が1~5度となる風力発電設備について、配置の変更又は風力発電設備の基数削減を行うこと。
 この他、できる限り垂直見込角を小さくすることができる機種を選定するとともに、風力発電設備の色彩については、関係地方公共団体の意見も聴取した上で各風力発電設備近傍の自然景観等を勘案して、選定すること。

 [7] 事後調査

 事後調査を適切に実施し、その結果を踏まえ、追加的な環境保全措置を講ずること。
 なお、事後調査結果については、環境影響を分析し、講ずる環境保全措置の内容、効果及び不確実性の程度について報告書として取りまとめ、公表すること。

 [8] その他

 世界遺産暫定リストの「長崎の教会群とキリスト教関連資産」の構成資産である黒島天主堂、安満岳(平戸島の聖地と集落の構成資産)及び田平天主堂を景観に係る調査地点として選定の上、これらの地点からの景観について調査、予測及び評価を行い、結果に応じて適切な環境保全措置を講ずること。また、これらの検討に当たっては、地元自治体と十分調整を行うこと。

4.その他

 本件は、「発電所設置の際の環境アセスメントの迅速化等に関する連絡会議中間報告」(平成24年11月27日、環境省・経済産業省)に基づき、審査期間の短縮に取り組むこととした案件である。

[参考]

○事業概要

  • ・名称 平戸南風力発電事業
  • ・事業者 グリーンパワー株式会社
  • ・計画位置 長崎県平戸市津吉町、田代町、前津吉町、船木町、大川原町、敷佐町、上中津良町
  • ・出力 34,000 kW(2,000kW×17基)

○環境影響評価手続(環境影響評価法及び電気事業法に基づく手続)

【方法書の手続】

  • ・縦覧          平成25年3月29日~平成25年4月30日(住民意見 27件
  • ・経済産業大臣勧告   平成25年9月25日

【準備書の手続】

  • ・縦覧      平成26年8月1日~平成26年9月1日(住民意見 37件
  • ・長崎県知事意見提出  平成27年1月15日
  • ・環境大臣意見提出   平成27年1月16日

※:環境の保全の見地からの意見の件数

添付資料

連絡先
環境省総合環境政策局環境影響審査室
室長  :神谷 洋一(内6231)
室長補佐:相澤 寛史(内6233)
係長  :中村 祥 (内6234)
電話  :03-3581-3351(代表)、03-5521-8236(直通)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ