報道発表資料

平成26年12月22日
地球環境
この記事を印刷

平成27年度CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業 の実施方針について(お知らせ)

環境省では「CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業」を活用し、将来的な地球温暖化対策の強化につながる技術開発・実証を推進しています。
 この度、当該事業の公募に向けて、技術開発等における対象分野や重点的に取り組む課題等に関して、実施方針を作成しましたのでお知らせいたします。
 なお、本事業の実施については、平成27年度予算の成立を前提としています。

実施方針の概要は以下のとおりです。詳細は、別紙「平成27年度CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業の実施方針」を参照して下さい。

1.対象となる技術開発・実証研究

本事業では、将来的な地球温暖化対策の強化につながり、各分野におけるCO2削減効果が相対的に大きいものの、民間の自主的な取組のみでは進まない技術開発・実証研究を対象としています。

2.対象分野と重点的に取り組む課題

個別の課題に関する技術的・専門的な内容に応じて、以下の4分野にて、外部専門家で組織する評価委員会において審査を行い採択をします。また、各分野の技術の中から、新たに開発・実証を行う必要がある技術の内容及び性能等のスペックを重点課題として示し、これらに相当する技術開発課題を優先的に採択することとします。

(重点課題の例は別添を参照して下さい。あくまで一例であり、公募時のものとは異なります。)

  1. (1)交通低炭素化技術開発分野
  2. (2)建築物等低炭素化技術開発分野
  3. (3)再生可能エネルギー・自立分散型エネルギー低炭素化技術開発分野
  4. (4)バイオマス・循環資源低炭素化技術開発分野

3 今後の予定

 今後、本方針に基づき別途定める公募要領に従い、平成27年1月中を目途に公募を開始します。実施方針は公募までに変更される可能性があります。

【 担当 】

 環境省地球環境局地球温暖化対策課(担当:桒村)
 TEL  03-3581-3351(内線6780)
 e-mail: AKIHIRO_KUWAMURA@env.go.jp

連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課
直通   03-5521-8339
代表   03-3581-3351
課長   土居 健太郎(内線6736)
調整官  名倉 良雄(内線6771)
課長補佐 吉田 諭史(内線6791)
担当   桒村 亮広(内線6780)

ページ先頭へ