総合環境政策

低炭素化に向けた事業者連携型モデル事業

1.事業の概要

 温室効果ガスの削減対策を推進するためには、先進的な設備を導入するだけでなく、既に導入されている設備の効率的な活用や効果的な対策・技術の共同導入並びにエネルギー等の相互利用を積極的に進めていくなど、事業者間の創意工夫による効果的な対策も有効です。環境省ではこのような点に着目し、平成23年度より、低炭素化に向けた事業者連携型モデル事業を実施します。本事業では、事業者が連携するために最適な設備の整備や効率的な運用を行うためのシステム構築並びに効果的な対策の導入の組合せによって、温室効果ガス25%削減の実効性を検証するために必要な事業費の一部を補助します。

2.事業の対象

事業の対象

 低炭素化に向けた事業者連携型モデル事業(以下「本事業」という)対象とする事業は、技術的に確立され、(1)削減効果が確認されている対策の共同導入、(2)既存設備の能力の最大限活用、(3)相互連携システム構築による事業とします。
 事業概要図 [PDF 92KB]

補助率

 本事業の補助率は1/2とします。採択件数は予算の範囲内で数件を予定しています。

事業期間

 原則として3年以内とします。

3.公募情報

現在、公募はしていません。

4.公募結果(一次募集)

(1)平成23年度一次募集

審査の概要

 応募総数6件のうち、2者以上の事業者が連携して対策を実施することで、単体として実施するよりも温室効果ガスの削減効果や費用対効果が高くなるか等の観点から審査を行い、他の事業者連携へのモデルとなるべき事業として4件を選定しました。

選定事業の概要

平成23年度採択事業 [PDF 9KB]

(2)平成23年度二次募集

審査の概要

 応募総数1件について、2者以上の事業者が連携して対策を実施することで、単体として実施するよりも温室効果ガスの削減効果や費用対効果が高くなるか等の観点から審査を行いましたが、採択には至りませんでした。

問い合わせ先
環境省 総合環境政策局 環境計画課 地域政策係
電話 :03−5521−8234(直通)
03−5521−9265(直通)
FAX :03−3581−5951

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ