総合環境政策

環境情報と企業価値に関する検討会

1.設置目的

 環境(Environment)、社会(Social)、企業統治(Governance)に関する情報を考慮した投資(以下「ESG投資」という。)については、わが国でも認知度や関心の高まり等を背景に投資残高が拡大基調にある。他方、ESG投資の"E"、すなわち環境情報については、「投資判断等を行う上でどのように理解すればよいのか、よく分からない」との声が投資家等からなお根強く聞かれている。こうした課題に応えるべく、投資判断や対話等に資する観点から、また、より実務的・実践的にESG投資の考え方を"E"を中心に広める趣旨からも、投資家等が「環境情報」を一層受容、咀嚼していける道筋を示す必要がある。

 本検討会は、環境情報に対する投資家の理解向上を促すことをもって、投資家による、ESG投資の"E"に関する自律的な実務・実践面の実力向上を支援することを目的とする。本年度は、環境情報について、業種・セクター毎にみたリスクや機会、あるいは企業情報開示に関する既存のフレームワーク等を手掛かりに、投資実務目線に立った平易な整理を行う。また、当該整理を踏まえ、持続的成長に向けて環境要素を企業経営等に戦略的に取り込んでいる企業(環境サステナブル企業(仮称))を投資家が評価する際の判断の物差しを、KPIにも触れつつ提供することを目指す。

2.主な検討事項

  1. [1] 業種・セクター分類
  2. [2] 環境課題に関する重要トピック(環境リスク・機会、マネジメント課題等)
  3. [3] 国内外の企業の取組事例等
  4. [4] 投資家に求められる視点等

3.関連リンク

持続可能性を巡る課題を考慮した投資に関する検討会(ESG検討会)

会議開催状況

問い合わせ先
環境省 大臣官房 環境経済課
TEL:03−5521−8240(内線:6278)
ページ先頭へ