総合環境政策

環境報告ガイドライン2018年版

 SDGsやパリ協定の採択など、持続可能な社会に向けた国際的な潮流は企業を取り巻く環境に大きな変化をもたらしました。そのような中で、環境報告も、自らの事業活動に伴う環境負荷低減や環境配慮の取組状況を公表するだけでなく、経営戦略の中でいかに環境課題に取り組んでいくかといった将来志向的な報告を行うことが求められるようになっています。

 コンパクトで見やすいガイドラインとするために、「環境報告ガイドライン2018年版」は、報告事項と報告に際しての留意点のみ示すこととしました。

 他方、ガイドラインの理解を助け、ガイドラインに沿った環境報告が行いやすくなるよう、「環境報告のための解説書~環境報告ガイドライン2018年版対応~」を作成しました。解説書は、以下の3つのパートで構成されています。

・「本文」:「環境報告ガイドライン2018年版」に沿った環境報告を行う際の手順、書き方、開示例などをまとめています。
・「詳細解説」:難解な事項についての解説を提供します。
・「参考資料」:事業者が重要な環境課題を特定する際に参考とできるよう、主な環境課題とその実績評価指標を例示し、解説しています。

 環境報告にあたり、「環境報告ガイドライン2018年版」本体だけを利用する、または、本体と解説書を併用するなど、環境報告に関する知識や経験の度合いに応じて、自由に御活用ください。

※解説書全体の発行にあわせてガイドライン本体も含め記載を一部修正しています。報告事項の変更はありません。

更新履歴(最終更新日2019年5月17日)[PDK 64KB]

一括ダウンロード

割ダウンロード

環境報告のための解説書~環境報告ガイドライン2018年版対応~ 本文、詳細解説

【はじめに】[PDF 722KB]

【環境報告の背景情報】
1.持続可能な社会とは何か
2.持続可能な社会への移行と事業活動への影響

【環境報告の考え方】
1.環境報告とは何か
2.環境報告の開示媒体
3.環境報告の情報特性

第1章 環境報告の基礎情報
1.環境報告の基本的要件[PDF 193KB]
2.主な実績評価指標の推移[PDF 171KB]

第2章 環境報告の記載事項
1.経営責任者のコミットメント[PDF 1,361KB]
2.ガバナンス[PDF 1,742KB]             詳細解説[PDF 377KB]
3.ステークホルダーエンゲージメントの状況[PDF 1,390KB]
4.リスクマネジメント[PDF 2,087KB]         詳細解説[PDF 450KB]
5.ビジネスモデル[PDF 1,422KB]
6.バリューチェーンマネジメント[PDF 3,412KB]    詳細解説[PDF 750KB]
7.長期ビジョン[PDF 1,140KB]
8.戦略[PDF 1,281KB]                   詳細解説(シナリオ分析)[PDF 1,949KB]
9.重要な環境課題の特定方法[PDF 1,161KB]      詳細解説[PDF 502KB]
10.事業者の重要な環境課題[PDF 1,550KB]

参考資料 主な環境課題とその実績評価指標

事業者が重要な環境課題を特定する際の参考に、多くの事業者にとって重要性が高いと考えられる環境課題やその実績評価指標を例示し説明を加えています。例示に囚われず重要な環境課題、及び実績評価指標を設定してください。
1.気候変動[PDF 3,720KB]    
2.水資源[PDF 2,253KB]
3.生物多様性[PDF 3,551KB]
4.資源循環[PDF 1,842KB]
5.化学物質[PDF 1,762KB]
6.汚染予防[PDF 812KB]

参考となる資料

TCFDを活用した経営戦略立案のススメ~気候関連リスク・機会を織り込むシナリオ分析実践ガイド~

民間企業の気候変動適応ガイド-気候リスクに備え、勝ち残るために-

生物多様性民間参画ガイドライン

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ