自然環境・生物多様性

特別地域内において捕獲等が規制されている動物(指定動物)

和名

マルダイコクコガネ(徳之島亜種)

学名

Copris brachypterus toguchii

指定する国立・国定公園

奄美群島国立公園

特徴

成虫の体長は、13.3~18.8㎜。体色は黒色で、上翅は名義タイプ亜種よりもさらに短く、後半部の傾斜は横から見てより強い。前胸背板は相対的に大きく、より強く膨隆する。頭は名義タイプよりやや狭く、横長で、頬は横にあまり強く突出せず、角度はやや広く直角に近い。後翅は小さく退化して、飛べない。新成虫の発生は秋に多いが、成虫は一年中見られる。アマミノクロウサギ等の糞に依存した生活をしており、糞のあるところに歩いて集まる。

現状

マルダイコクコガネ(名義タイプ亜種及び徳之島亜種を含む)として絶滅危惧Ⅱ類(VU)。徳之島のごく一部地域にしか生息しておらず、個体数が少ない上に移動性に乏しく、採集圧も脅威となっている。近年の減少要因の一つとして、リュウキュウイノシシによる成虫の捕食も考えられる。

指定による効果・目標等

監視やモニタリング、生息地保全等を実施しながら捕獲規制を行うことにより、種の絶滅を防止する。

写真

マルダイコクコガネ徳之島亜種 クレジットは奄美群島国立公園管理事務所                 写真:奄美群島国立公園管理事務所

環境省 自然環境局 国立公園課

〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2 中央合同庁舎5号館 TEL:03-3581-3351(代表)

ページ先頭へ