自然環境・生物多様性

地域自然資産区域における自然環境の保全及び持続可能な利用の推進に関する法律(地域自然資産法・平成27年4月1日施行)

地域自然資産法

 地域自然資産区域における自然環境の保全及び持続可能な利用の推進に関する法律(平成27年法律85号)(以下「地域自然資産法」)は、地域における自然環境の保全や持続可能な利用の推進を図るため、入域料等の利用者による取組費用の負担や寄付金等による土地の取得等、民間資金を活用した地域の自発的な取組を促進することを目的として、議員立法によって平成27年6月25日に制定され、平成27年4月1日に施行されました。

 この法律により、都道府県又は市町村は、協議会を設置し自然環境の保全及び持続可能な利用の推進に関する地域計画を作成することができ、その計画に基づいて、入域料等を経費として充てて行う「地域自然環境保全等事業」や、寄付金等による土地の取得等(自然環境トラスト活動)を促進する「自然環境トラスト活動促進事業」を行うことができます。

 都道府県又は市町村が民間団体や土地の所有者等の多様な関係者と合意形成を図り、このような取組を進めることで、地域社会の健全な発展にもつなげていくことを目指しています。

  1. 地域自然資産法の枠組み[PDF:328KB]
  2. 地域自然資産法全文[PDF:136KB]
  3. 政令[PDF:28KB]
  4. 地域自然資産法施行規則[PDF:83KB]
  5. 環境省関係地域自然資産法施行規則[PDF:54KB]
  6. 地域自然資産法基本方針[PDF:68KB]
  7. 地域自然資産法施行通知[PDF:439KB]
  8. (パンフレット)地域自然資産法のあらまし[PDF:2,337KB]

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ