森里川海を豊かに保ち、その恵みを活かして地域が元気になる取組を「森里川海アクション優良事例」として紹介します!
「自然共生」・「低炭素」・「資源循環」を目指してアクションを起こしている方、これからアクションを起こす方の参考になる情報が満載です。

  • 森森
  • 里里
  • 川川
  • 海海

北海道漁協女性部連絡協議会

森ー川ー海のつながりの視点をもち、河川上流において豊かな森を育てることで、「百年かけて百年前の自然の浜を」目指している。

北海道

エゾシカの個体数管理と経済・地域振興の両立。

南三陸町

海と森の保全活動を通じた高品質化及びブランド化。

知床五湖の利用のあり方協議会

知床五湖の原生的な自然の保護と適正な利用の推進

網走西部流域森林・林業活性化協議会

林業経営環境の打開に向けた地域産材のブランド化、地域経済の活性化

大崎市

水辺の生物多様性を保全するため、広域連携によってトキをはじめとする大型鳥類と共生する流域をつくること。

木戸川漁業協同組合

震災からの復興/地域活性化/サケの増殖事業/内水面漁業の振興/観光振興

農事組合法人門崎ファーム

環境に配慮した施設整備及び農業を実践することで、自然共生社会を実現すること。

特定非営利活動法人 霧多布湿原ナショナルトラスト

霧多布湿原におけるエコツアーを通じたファンづくり、自然生態系の保全

有限会社 伊豆沼農産

阿蘇草原の環境を保全すること。

飯能市エコツーリズム推進協議会

自然の保全や文化の継承につながるエコツアーを企画・実施し、環境と経済の両立を図っている。

小笠原村

島の生態系の保全・共存とエコツアーの推進。

コウノトリ・トキの舞う関東自治体フォーラム

水辺の生物多様性を保全するための、広域連携による生物多様性保全の取組と経済が循環する体制の構築。

高山市

「元でを食いつぶさず利息で食いつなぐ」をコンセプトに整備とルールづくりを進め、森林の自然保護と利用の両立を図っている。

東紀州・尾鷲ひのきの会

認証制度を活用した森づくり及びブランド化。

佐渡市

トキの野生復帰を推進する取組と地域経済の活性化を一体として結びつけ、生物多様性保全の取組と経済が循環する体制を構築している。

世界農業遺産「静岡の茶草場農法」推進協議会

静岡県内で代々受け継がれてきた茶草場農法を継承し、自然共生社会の実現をすること。

金沢市農産物ブランド協会

伝統野菜の生産振興による地域農業の活性化。

有限会社オズ(海島遊民くらぶ)

伊勢志摩国立公園の沿岸及び離島において、ルールを定めて持続可能なエコツアーを実施し、自然の保護と利用の両立を図っている。

美郷町役場

地域と連携・協働しながら、イノシシの獣害対策と経済・地域振興の両立を図っている。

国土交通省中国地方整備局出雲河川事務所

河川を基軸として多様な主体の連携と協働に基づき、流域全体の生態系ネットワークの形成を図り、地域活性化と経済振興を達成することを目的として取組を実践している。

日生町漁業協同組合

生活排水や護岸工事の影響で減少していたアマモ場を再生させることで、水産資源の安定確保と生物多様性保全を図っている。

環境省 近畿地方環境事務所

「ワイズユースの山」の実現。

公益社団法人京のふるさと産品協会

「京の伝統野菜」の保存と生産拡大を目的として、認証基準を満たす野菜に「京マーク」を添付して「京のブランド産品」として首都圏と近畿圏での販売を展開している。

滋賀県

かつてのように琵琶湖と水田を魚が行き来する環境を取り戻すため、認証制度を創設し、ブランド化にも取り組み、環境と経済の両立を図っている。

豊岡市

豊岡のシンボルであるコウノトリの野生復帰の取組を継続的に進めるために、多分野の主体と連携して「コウノトリ育むお米」をはじめ、環境と経済が共鳴する関係を構築している。

たかしま有機農法研究会

かつてのように琵琶湖と水田を魚が行き来する環境を取り戻すこと。

NPO法人 黒潮実感センター

エコツアーを通じた島の自然の実感、関係者の連携による自然環境の保全・再生

公益財団法人阿蘇グリーンストック

千年以上にわたって農畜産業により維持されてきた阿蘇草原の環境を保全するため、オーナー制度や認証制度を活用して、環境と経済の両立を図っている。

綾町役場

環境に配慮した施設整備及び農業を実践することで、自然共生社会を実現すること。

恩納村コープサンゴの森連絡会

海を育む「サンゴの森づくり」を推進するため、対象製品を消費者が購入すると売上げの一部が基金に積み立てられる仕組みを構築している。

伊平屋村漁業協同組合

自然環境と生物多様性の保護等の目的を達成するため、村の経済の自立化に向けた取組を推進すること。