法令・告示・通達

廃棄物の処理及び清掃に関する法律適用上の疑義について

  • 公布日:昭和55年5月29日
  • 警察庁丁公害発48号

(警察庁保安部公害課長から厚生省環境衛生局水道環境部産業廃棄物対策室長あて照会)

 みだしのことについて次のとおり解するが、貴見を伺いたく照会します。

 建設業者が行う家屋の新築工事の際に生ずる廃棄物について次のように解するがどうか。

  1. ① 屋根葺工事の際の瓦の破損片、はつり片及び既に固まった基礎コンクリートの形状調整の際生ずるコンクリートはつり片は、廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行令第一条第七号のガラスくず及び陶磁器くずに該当する。
  2. ② 左官工事の際不要となった泥状で廃棄される壁土屑及びモルタル屑は、廃棄物の処理及び清掃に関する法律(昭和四五年法律第一三七号、以下「法」という。)第二条第三項に規定する汚でいに該当する。
  3. ③ 廃棄物である木切れ及びカンナ屑を焼却した際に生ずるもえがら、灰は、法第二条第二項に規定する一般廃棄物に該当する。

(昭和五五年六月五日)
(環産第一一号)
(厚生省環境衛生局水道環境部産業廃棄物対策室長から警察庁保安部公害課長あて回答)

 昭和五五年五月二九日警察庁丁公害発第四八号をもって照会のあった標記について下記のとおり回答する。

 貴見によることとして差し支えない。

ページ先頭へ