公募情報

環境省からの公募情報です。

公募中の案件名

平成28年度メチル水銀研究ミーティング発表者公募のお知らせ
公募概要

 水俣病の原因物質であるメチル水銀に関する研究を行っている研究者を広く対象とした、メチル水銀研究ミーティングを開催いたします。

 それに伴い、講演・発表を希望する研究者を以下のとおり公募します。

受付期間 平成28年9月23日(金) ~ 平成28年10月17日(金)
担当部課 環境省 総合環境政策局環境保健部
環境保健企画管理課特殊疾病対策室
(電話)03-5521-8257
募集内容 平成28年度メチル水銀研究ミーティング発表者公募のお知らせ
「平成28年度温泉排水処理技術開発普及等調査業務」に係る実証試験対象技術の募集について
公募概要

 環境省では、温泉排水を対象とした効果的な排水処理手法を確立するため、温泉旅館において実用化段階にある排水処理技術の実証試験を実施し、温泉排水中の有害物質を低減可能な排水処理技術の導入可能性を検証しています。

 今般、高濃度にほう素を含む排水を排出する温泉旅館における、排水中のほう素濃度を経済的かつ効果的に低減することができる排水処理技術又は平準化技術を募集します。

受付期間 平成28年9月16日(金) ~ 平成27年11月7日(月)
担当部課 環境省水・大気環境局水環境課
(電話)03-3581-3351(内線)6629
募集内容 「平成28年度温泉排水処理技術開発普及等調査業務」に係る実証試験対象技術の募集について
平成28年度生物を用いた水環境の評価・管理(改善)手法に係る パイロット事業における調査事業場の公募について
公募概要

 環境省では、諸外国で用いられている排水全体への生物応答を利用した評価・管理手法等を踏まえ、生物を用いた水環境の評価・管理(改善)手法について、平成28年6月、専門家や関係者から構成される公開の検討会を設置し、検討を進めています。

 今般、これまでの検討会における検討等を踏まえ、本手法の意義等に係る関係者の理解を促すとともに、本手法を事業場排水の改善等に用いる場合の課題等についての実態を把握するため、パイロット事業を実施することとし、事業に参加する事業場を公募します。

受付期間 平成28年9月15日(木) ~ 平成28年10月21日(金)
担当部課 環境省水・大気環境局水環境課
(電話)03-3581-3351(内線)6615
募集内容 平成28年度生物を用いた水環境の評価・管理(改善)手法に係るパイロット事業における調査事業場の公募について
平成28年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(地域におけるLED照明導入促進事業)の三次公募について
公募概要

 「地域におけるLED照明導入促進事業」は、小規模な地方公共団体や商店街の街路灯等のLED照明の調査・導入する事業を行うために必要な経費の一部を補助するものです。今年度の執行団体である一般社団法人 環境技術普及促進協会が、当該補助金の三次公募を開始しますので、お知らせいたします。

 応募方法の詳細については、一般社団法人環境技術普及促進協会のホームページをご参照ください。

  ※一般社団法人 環境技術普及促進協会ホームページ http://www.eta.or.jp/

受付期間 平成28年9月14日(水) ~ 平成28年9月29日(木)17時
担当部課 環境省 地球環境局 地球温暖化対策課 地球温暖化対策事業室
(電話)03-3581-3351(内線)6720
募集内容 平成28年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(地域におけるLED照明導入促進事業)の三次公募について
平成28年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(廃棄物埋立処分場等への太陽光発電導入促進事業)の二次公募について
公募概要

環境省では、廃棄物埋立処分場等において、廃棄物の適正処分を確保しつつ、太陽光発電を導入することにより、地域のエネルギーセンターとしての有効活用を全国で展開していくための方策を検討・実証し、導入ポテンシャルの有効活用を促進することを目的として、「廃棄物埋立処分場等への太陽光発電導入促進事業」を実施しています。

このたび、平成28年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金による「廃棄物埋立処分場等への太陽光発電導入促進事業」の二次公募を開始しました。本補助事業は、廃棄物埋立処分場等への太陽光発電の導入に当たり、廃棄物の適正処分の確保に係る先進的な技術の導入を支援するものです。

公募期間は、平成28年9月12日(月)から10月28日(金)までです。

受付期間 平成28年9月12日(月)~平成28年10月28日(金)
担当部課 環境省 大臣官房廃棄物・リサイクル対策部廃棄物対策課
(電話)03-3581-3351(内線)6803
募集内容 平成28年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(廃棄物埋立処分場等への太陽光発電導入促進事業)の二次公募について
平成28年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(廃棄物焼却施設からの余熱等を利用した地域低炭素化モデル事業)の二次公募について
公募概要

環境省では、廃棄物焼却施設から恒常的に排出される熱を、発電に供するのみならず、再生可能エネルギーとして地域の施設に供給し、地球温暖化対策の強化・地域の低炭素化を図ることを目的として、「廃棄物焼却施設の余熱等を利用した地域低炭素化モデル事業」を実施しています。

このたび、平成28年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金による「廃棄物焼却施設からの余熱等を利用した地域低炭素化モデル事業」の二次公募を開始しました。

公募期間は、平成28年9月12日(月)から同年10月21日(金)までです。

受付期間 平成28年9月12日(月)~平成28年10月21日(金)
担当部課 環境省 大臣官房廃棄物・リサイクル対策部廃棄物対策課
(電話)03-3581-3351(内線)6803
募集内容 平成28年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(廃棄物焼却施設からの余熱等を利用した地域低炭素化モデル事業)の二次公募について(お知らせ)
平成28年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(ヒートポンプを活用した低炭素型農業推進事業)の2次公募について
公募概要

 農業におけるエネルギー使用量は石油に大きく依存しており、中でも施設園芸はCO2排出量の多くを占めています。エネルギー起源のCO2排出削減のためには、今後、施設園芸分野の省CO2化を進めていく必要があります。CO2排出削減のためには、ヒートポンプ設備の導入が効果的ですが、農業者は慣れ親しんだ営農を継続する傾向が強く、低炭素化のシフトが難しい一面があります。
 低炭素化を進めるためには、農協等が中心となり推進していくことが効果的であることから、本補助金は、農協等が自ら低炭素化設備の導入を行う事業を支援するものであり、この度、事業を行う補助事業者を公募いたします。

受付期間 平成28年9月2日(金) ~ 平成28年9月30日(金)
担当部課 環境省 地球環境局地球温暖化対策課
(電話)03-3581-3351(内線)6762
募集内容 平成28年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(ヒートポンプを活用した低炭素型農業推進事業)の2次公募について
グリーンエネルギーCO2削減相当量認証制度の計画及び検証機関の募集について
公募概要

環境省及び資源エネルギー庁は、グリーン電力・熱証書(グリーンエネルギー証書)のCO2排出削減価値を認証する「グリーンエネルギーCO2削減相当量認証制度」における計画及び検証機関の募集を行います。

受付期間 随時
担当部課 環境省 地球環境局 地球温暖化対策課 市場メカニズム室
募集内容 グリーンエネルギーCO2削減相当量認証制度の計画及び検証機関の募集について
ページ先頭へ