平成30年度環境省重点施策集

平成29年8月

【全文】 [PDF 115MB]

【分割】

1.環境問題と社会経済問題の同時解決に向けた政策展開

(1)新たな成長につながる気候変動対策

① 省・再生可能エネルギーの導入・展開などの排出削減策

② 気候変動適応策の強化と適応ビジネスの推進

(2)国内外における資源循環の更なる展開
(3)自然資源の保全・活用による観光立国・地方創生・経済成長
(4)中長期的な企業価値向上にも資する環境金融の主流化

①ESG投資など環境金融の充実・強化

②グリーンボンドへの支援

(5)環境分野からの人口減少・高齢化社会への対応

①森里川海プロジェクトの展開など地域循環共生圏による地域活性化

②高齢化社会に対応した廃棄物処理体制の構築に向けた取組

③社会福祉施策と連携したペットの適正飼養対策等の推進

(6)環境分野からの国土強靱化への対応

①大規模災害に備えた廃棄物処理体制の強化・廃棄物処理施設の防災拠点化

②災害に強い分散型汚水処理施設としての浄化槽の整備

(7)環境インフラの海外展開

①「環境インフラ海外展開基本戦略」を踏まえた環境インフラ輸出の戦略的展開の推進

②二国間クレジット制度(JCM)の着実な推進

(8)各主体のSDGs取組推進のための施策

2.国内外で進める気候変動対策

(1)抜本的なカーボンゼロ・再生可能エネルギー導入
(2)カーボンゼロに向けた徹底した省エネルギー等の推進等

① 民生部門での省エネ等(住宅・建築物、国民運動「COOL CHOICE」等

② 物流部門での省エネ

(3)バリューチェーン全体での大幅排出削減の促進
(4)廃棄物発電を含めた廃棄物処理システム全体における低炭素化
(5)フロン類対策の強化

①改正モントリオール議定書への対応を含め上流から下流までのフロン類の総合的な対策強化に向けた制度的検討

② 脱フロン・省エネ型自然冷媒機器の導入加速化

(6)中長期的低炭素化取組の推進

①カーボンプライシングに係る検討

② イノベーションの促進をはじめとする長期大幅削減に資する取組の推進

③ 石炭火力発電からの排出の抑制をはじめとするエネルギー転換部門の低炭素化

(5)優れた低炭素技術の海外展開等による途上国等への国際貢献
(6)気候変動適応策の強化と適応ビジネスの推進

3.被災地の着実な環境再生の推進と国内外における資源循環の展開

(1)福島の環境再生・創生

①特定復興再生拠点区域における環境再生の取組の着実な実施

②中間貯蔵施設の整備、施設への継続的な搬入、除去土壌等の処理、除去土壌等の減容・再生利用に向けた取組、仮置場の解消の推進

③福島の環境再生を契機とした産業・まち・暮らしの創生

(2)東日本大震災関係地域における取組

①指定廃棄物等の処理の着実な推進等

②リスクコミュニケーション等を通じた放射線に係る住民の健康管理・健康不安対策

(3)国内外における資源循環・適正処理の更なる展開

①一般廃棄物処理施設・浄化槽の整備(循環交付金)

②改正廃棄物処理法・バーゼル法の着実な施行等

③ 都市鉱山を活用した2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大 会でのリサイクルメダルプロジェクトの推進

④ SDGs等を踏まえた食品ロス対策・食品リサイクルの推進

⑤リペア&リユース等に着目した低炭素型資源循環モデルの創出支援

⑥廃棄物処理、浄化槽等の環境インフラの輸出戦略の推進(1.(7)参照)

(4)環境分野からの国土強靱化への対応(1.(6)参照)

4.魅力ある我が国の自然の保全・活用といきものとの共生

(1)自然資源の保全・活用による観光立国・地方創生・経済成長

①周辺の温泉地を含めた国立公園満喫プロジェクトの先行している公園の取組の着実な実施と横展開

②森里川海プロジェクトの展開など地域循環共生圏による地域活性化(1.(5)①参照)

③名古屋議定書の実施を通じた遺伝資源の適切な研究開発の推進

(2)生物多様性の確保

①国内希少野生動植物種の保全施策と他の関連施策との連動的な展開及び企業や関係団体との連携強化

②象牙等の国際希少野生動植物種の流通管理の強化

③指定管理鳥獣(シカ、イノシシ)の捕獲強化と利活用の推進

④ ヒアリ等外来種の防除

5.安全で豊かな環境基盤の整備

(1)地域・暮らしを支える廃棄物対策

①一般廃棄物処理施設・浄化槽の整備(循環交付金)(3.(3)①参照)

②PCB処理の着実な実施

(2)安全な暮らしの確保

①海洋・水環境保全対策の推進

<マイクロプラスチックを含む海洋ごみ対策の一層の推進>

<きれいで豊かな水環境の保全・管理>

<新たな地下水利用に対応する地下水・地盤環境保全対策>

②アスベスト・微小粒子状物質(PM2.5)対策等の推進

③ 改正土壌汚染対策法の着実な施行

④ 化学物質による環境リスクの一層の低減

⑤ 公害健康被害対策、石綿健康被害救済の着実な実施

⑥ 2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会開催も見据えた熱中症対策

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ