検索画面へ
  Go Research

課  題  名

RF-078 アジアにおけるバイオ燃料の持続的需給システムの構築に関する研究[PDF](368KB)
(Abstract of the Final Report)[PDF](82KB)

課題代表者

丸山 敦史(千葉大学大学院園芸学研究科食料資源経済学コース資源環境経済学領域)

研究期間

平成19−20年度

合計予算額

17,555千円(うち20年度 8,455千円)

研究体制

 (1)アジア各国の需要動向と持続可能な需要システムの構築に関する研究
      ((財)日本自動車研究所、(財)地球環境産業技術研究機構)

 (2)フィリピン産バイオ燃料の利用に伴う自動車性能及び環境性能に関する研究
      ((財)日本自動車研究所、(財)地球環境産業技術研究機構)

 (3)アジアにおける大規模なバイオ燃料供給の持続可能なシステム構築に関する研究
      ((株)インテージ)

 (4)フィリピンにおけるバイオ燃料原料生産の拡大に伴う環境及び社会システムへ
      の影響に関する研究

      (千葉大学)

 (5)アジア圏での持続可能なバイオ燃料の利用を可能にするための社会的要件
      に関する研究

      (千葉大学)