検索画面へ
  Go Research

課題名

E-4  熱帯域におけるエコシステムマネージメントに関する研究[PDF](711KB)
(Abstract of the Final Report)[PDF](1,118KB)

課題代表者名

奥田 敏統
(独立行政法人国立環境研究所
生物圏環境研究領域 熱帯生態系保全研究室 室長)

研究期間

平成14−18年度

合計予算額

280,236千円 (うち18年度  55,206千円)

研究体制

(1)森林認証制度支援のための生態系指標の開発に関する研究

   伐採や土地改変が森林のエコロジカルサービスに及ぼす影響評価及びそのデータベース化
  に関する研究
(独立行政法人 国立環境研究所)

   エコロジカルサービス機能のGIS化に関する研究

 (独立行政法人 国立環境研究所*:EFフェロー研究)

   エコロジカルサービス研究サイトのネットワーク化に関する研究

 (独立行政法人 国立環境研究所*)

  た肯喩穏里鉾爾ε攵輓出と集水域生態系に与える影響評価に関する研究

 (独立行政法人 国立環境研究所:EFフェロー研究)

(2)多様性評価のためのラピッドアセスメント開発に関する研究

  \限峽牢兮のスケールアップ化に関する研究

 (独立行政法人 国立環境研究所*、財団法人自然環境研究センター
岐阜大学流域科学研究センター)

  熱帯雨林の遺伝的多様性の指標化に関する研究(独立行政法人 森林総合研究所)

   野生生物の多様性評価のためのラピッドアセスメント開発に関する研究

 (独立行政法人 国立環境研究所*:EFフェロー研究)

(3)地域社会における生態系管理へのインセンティブ導入のための基礎研究

 (京都大学地域研究統合情報センター)

 *平成18年度は広島大学へ移管(課題代表者移籍のため)