第2回日中韓環境ビジネス円卓会議


概要

 第18回日中韓三カ国環境大臣会合における第2回日中韓環境ビジネス円卓会議は、2016年4月25日から26日にかけて、日本環境省主催により静岡県静岡市で開催されました。本円卓会議は、TEMMビジネスフォーラムと日中韓環境産業円卓会議を統合させるという合意に基づき、2015年より開催されています。会議は、日中韓三カ国の環境技術産業等に関する協力や意見交換の推進を目的に行われ、日本、中国、韓国から、代表団とオブザーバーを含む30名が、政府、産業界、組織を代表して参加しました。
 今回の会議は、「北東アジア地域のグリーン産業を加速化させるための日中韓における積極的な連携の推進」というテーマの下で、環境問題に関する各国の分野毎の状況や取組みを重点的に取り上げた発表が行われ、質疑応答では各国の取り組みに関する活発な情報交換が行われました。日本からは、地方公共団体の特色を活かした次世代エネルギーの普及促進や、環境金融に関する政策の紹介、サプライチェーンマネジメントに関する取り組み、工場における排水処理の取り組みや水リサイクリングシステムなどについて発表を行いました。
 また、当会議では、これまでの日中韓三ヵ国のエコラベルに関する相互認証の進捗を確認し三ヵ国による塗料及び文房具のエコラベルに関する合意書の調印式が行われました。

丸川大臣と日本代表

丸川大臣と日本代表

発表する後藤団長

発表する後藤団長

発表する静岡市清氏

発表する静岡市清氏

エコラベルの調印式

エコラベルの調印式

発表するキヤノン古田氏

発表するキヤノン古田氏

発表するサッポロビール大石氏

発表するサッポロビール大石氏

発表するサッポロビール大石氏

発表する栗田工業老沼氏

主要参加者※敬称略

(日本)
後藤 敏彦(特定非営利活動法人サステナビリティ日本フォーラム 代表理事、代表団団長)
清 和好(静岡市 環境局 参与兼環境創造課長)
宇野 治(公益財団法人日本環境協会 常務理事 エコマーク事務局 事務局長)
古田 清人(キヤノン株式会社 環境統括センター 所長)
大石 輝彦(サッポロビール株式会社 静岡工場 企画部 部長)
老沼 正芳(栗田工業株式会社 プラント事業本部 グローバル品質部門 グローバルエンジニアリングセンター センター長)
奥山 祐矢(環境省 総合環境政策局環境経済課 課長)
齋藤 英亜(環境省 総合環境政策局環境経済課 課長補佐)

(中国)
Duan Feizhou (Director, CHINA-ASEAN Environmental Cooperation Center)
Mu Lingling (General Manager, Tianjin Green Supply Chain Service Center)
Yu Shuibo (Assistant Director, China Nonferrous Metals Industry Association Recycling Metal Branch (CMRA))
Wang Jiwei (Vice President & Secretary General, China Nonferrous Metals Industry Association Recycling Metal Branch (CMRA))
Jiang Zihou (General Manager, Jiangsu Benenv Environmental Technologies Co., Ltd.)
Ruan Haifeng (Assistant of President, Jiangxi Zili Environment Protecting Co., Ltd.)

(韓国)
YANG MyungSik (Secretary, Ministry of Environment of Korea)
Choi Jina (Team Manager, Korea Environmental Industry Association)
Cho Eunmi (Assistant Manager, Korea Environmental Industry Association)
Im HyunJung (Office Director, Korea Environmental Industry & Technology Institute)
Lee Sangyong (Principal Research Engineer, LG Electronics)
Choi Hyosoo (Director, Econity Co., Ltd.)
Lee EuiSin (Head of Research Institute, HiEntech)

当日プログラム

【会場:ホテルセンチュリー静岡】
セッション1 オープニングセッション
セッション2環境産業園区の対話(エコタウン関係者による発表)
セッション3グリーン経済/成長を促進するためのグリーンファイナンスに関する政策(政府・有識者による発表)
セッション4エコラベル(エコラベル機関による発表)
セッション5グリーンサプライチェーンの取組(企業代表による発表)
セッション6水処理技術に関する情報交換と技術協力(企業代表による発表)
セッション7水処理ビジネスにおける協力事例(企業代表による発表)
セッション8サマリー案の確認、クロージングセッション