中央環境審議会 水環境・土壌農薬合同部会 バイオレメディエーション小委員会審査分科会(第10回)議事要旨

日時

平成22年8月2日(月)13:30~16:50

場所

経済産業省別館 1111共用会議室

委員出席者(敬称略)

松本 聰  財団法人日本土壌協会会長
中杉 修身 元上智大学大学院地球環境学研究科教授
高松 武次郎 茨城大学広域水圏環境科学教育研究センター教授
平田 建正 和歌山大学理事
矢木 修身 日本大学生産工学部教授

産業構造審議会化学・バイオ部会微生物開放系利用技術小委員会

藤田 正憲 大阪大学名誉教授
江崎 孝行 岐阜大学大学院医学部医学研究科病原体制御学教授
池田 秀利 日本獣医生命科学大学獣医学部教授
妹尾 啓史 東京大学大学院農学生命科学研究科教授
冨田 房男 北海道大学名誉教授
中村 和憲 独立行政法人産業技術総合研究所研究顧問
中村 寛治 東北学院大学工学部 環境土木工学科教授
原山 重明 独立行政法人製品評価技術基盤機構技術専門職員
福田 雅夫 長岡技術科学大学工学部教授

議事概要

 本小委員会は、産業構造審議会化学・バイオ部会微生物開放系利用技術小委員会(第10回)と合同で開催された。当該合同会合の議事概要は以下のとおり。

  1. (1)株式会社ゲイトの「微生物によるバイオレメディエーション利用指針」に基づく浄化事業計画案について、説明と質疑応答が行われた。さらに、株式会社ゲイトの浄化事業計画が利用指針に適合しているかどうかについて審査したところ、委員の指摘事項を踏まえて次回の合同会合にて再度審査されることになった。
  2. (2)日工株式会社・株式会社熊谷組・学校法人立命館大学の「微生物によるバイオレメディエーション利用指針」に基づく浄化事業計画案について、説明と質疑応答が行われた。さらに、浄化事業計画が利用指針に適合しているかどうかについて審査したところ、委員の指摘事項を踏まえて再検討した上で、両委員長とその後の対応について協議することになった。
  3. (3)株式会社バイオジェネシス・テクノロジー・ジャパン他8社の「微生物によるバイオレメディエーション利用指針」に基づく浄化事業計画案について、説明と質疑応答が行われた。さらに、浄化事業計画が利用指針に適合しているかどうかについて審査したところ、委員の指摘事項を踏まえて次回の合同会合にて再度審査されることになった。

 なお、資料1~4については、企業秘密に関する情報が記載されているため非公開、参考資料については公開することとした。

問い合わせ先

環境省水・大気環境局環境管理技術室 高野、重松
TEL 03(5521)8297(直通)

ページ先頭へ