第27回有明海・八代海総合調査評価委員会議事要旨

日時

19年7月30日(月)14:00~16:30

場所

三田共用会議所講堂
東京都港区三田2-1-8

議題

(1)
有明海・八代海総合調査推進業務の報告について
(2)
有明海・八代海再生重点課題調査の報告について
(3)
関係機関における平成18年度の調査等の報告について
(4)
その他

議事

会議は公開で行われた。

  • 議題(1)では、総合調査推進業務の趣旨及び実施方法について、それぞれ環境省、西海区水産研究所から報告がなされ、各委員との質疑応答が行われた。
  • 議題(2)では、再生重点課題調査として「有明海の環境変化が魚類の卵・仔魚の輸送と生残に及ぼす影響の評価調査」及び「底質環境の変化に関するメカニズムの解明とタイラギへの影響の評価調査」について、それぞれ長崎大学、西海区水産研究所から説明がなされ、各委員との質疑応答が行われた。
  • 議題(3)では、関係機関における18年度の調査等について、農林水産省農村振興局、水産庁及び福岡県からそれぞれ報告がなされ、各委員との質疑応答が行われた。

問い合わせ先

環境省 水・大気環境局
水環境課 閉鎖性海域対策室 03-5521-8320(ダイヤルイン)

配付資料

資料1 有明海・八代海総合調査評価委員会委員名簿
資料2-1 委員会報告フォローアップに係る平成19年度環境省予算
資料2-2 平成19年度有明海・八代海総合調査推進業務
資料3-1 平成19年度有明海の環境変化が魚類の卵・仔魚の輸送と生残に及ぼす影響の評価調査
資料3-2 平成19年度底質環境の変化に関するメカニズムの解明とタイラギへの影響の評価調査
資料4-1 環境変化の仕組の更なる解明のための調査
-平成18年度調査結果の概要-(農林水産省農村振興局)
資料4-2 有明海改善のための実証試験について(水産庁)
資料4-3 福岡県有明海地先における覆砂事業の効果(福岡県水産海洋技術センター)
ページ先頭へ