中央環境審議会動物愛護部会(第2回)議事要旨

日時

平成13年12月14日(金)15:00~17:00

場所

三田共用会議所 第四特別会議室

議題

  1. (1)犬及びねこの飼養及び保管に関する基準の見直しを含めたペット動物の飼養及び保管に関する基準の策定の諮問について
  2. (2)犬及びねこの飼養及び保管に関する基準の見直し等に係る背景について
  3. (3)犬及びねこの飼養及び保管に関する基準の見直し等に当たっての基本方針案について

議事

会議は公開で行われた。


議題(1)について

  資料1に基づき、事務局から本諮問に至った経緯及び諮問について説明を行った。資料2に基づき、今後の審議スケジュールについて説明し了承された。


議題(2)について

  資料3に基づき、動物の飼養保管に関する社会的背景の変化と動物飼養に対する意識、要請の変化等について説明を行った。


議題(3)について

  委員から指摘のあった以下の点を加味しながら、資料4、資料5に基づき事務局が提示した基本方針案に沿って、基準を取りまとめていくことについて了承された。

  • 野生由来種については、家畜化された種に比べて専門的な知識、専用の施設が必要であり、また人間に対する未知の影響、危険もあり得ることを勘案し飼養保管されるべきものであること。
  • 動物の個体識別は、動物の愛護、管理の両面で重要なことであり、その具体的な方法として従来方法の外、技術的に確立しメリットが多いマイクロチップは有効な技術であること。
  • 生物多様性保全等自然環境の保全の観点は、動物の飼養保管においても重要であり、飼養保管基準においても配慮されたいこと。

配付資料

動物愛護部会名簿[PDF(9KB)]

資料1   犬及びねこの飼養及び保管に関する基準の見直しを含めたペット動物の飼養及び保管に関する基準の策定について(諮問)外[PDF(6KB)]
資料2   検討スケジュール(案)[PDF(16KB)]
資料3   動物の飼養保管に関する社会的背景の変化と動物飼養に対する意識、要請の変化等[PDF(408KB)]
資料4   「犬及びねこの飼養保管基準」及び「展示動物等の飼養保管基準」[PDF(17KB)]
資料5   基準見直しに当たっての基本方針について(案)[PDF(8KB)]

参考資料1   動物の愛護及び管理に関する法律について[PDF(25KB)]
参考資料2   犬及びねこの飼養及び保管に関する基準 外[PDF(30KB)]

本件に対する問い合わせ先

環境省自然環境局総務課動物愛護管理室
03-3581-3351(内線6429)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ